1秒たりとも目が離せない!四者四様の思考がぶつかりあった壮絶な一局の結末は⁉︎【Mリーグ2020観戦記11/19】担当記者:ゆうせー

を重ねて打

そして、

上家の園田からが鳴けた!

白鳥に危険なも切って真一文字に進んでゆく。

この後も切り飛ばし、先ほど見た白鳥のチーしてカンテンパイのシーンへとつながるわけである。

さて、ドラがにもかかわらず早々にを切ってきた茅森の上家、園田の手牌はどうなっていたのだろうか。

配牌時点に飛んでみよう。

なんとイーシャンテン!

園田の第一打は、

!極端にアガりにくくなるドラ周りのターツを嫌うことで、自身のアガリ可能性をグンと高めるのが狙いの一つだ。

下の画像を参照していただきたいが、

現状園田はトップに近い2着目、親番白鳥が3着目である。交わし手の価値が比較的高いことも、この打を後押しするだろう。

トイツがあれば仕掛けられるし、また、ドラを失った分の打点にを活かすこともできる。そしてを使うにはピンズの連続形は外せない。

目先のドラに振り回されない、園田らしいクレバーな一打だ。

白鳥にダブの仕掛けが入り、次の手番で園田はを持ってくる。ここで打となって茅森がチー。

その後も茅森に鳴かれて、

白鳥にチーテンが入る直前ではこの形。園田の得意技、『音速ポン』の準備は万全だ。さえ出れば…。

このように園田はイーシャンテン。

茅森も仕掛けの効くイーシャンテン。

そして白鳥は親満テンパイ。

白鳥が優勢か…。と思われたそのとき、

!!??

真打登場とばかりに、“卓上の暴君”瀬戸熊がやってきた。

思い返してみて欲しい。白鳥が鳴いたダブを切ってきたのは誰だったかということを。

そう、切ったのは瀬戸熊だ。魅力のない手では、おいそれと連風牌を打ち出さない瀬戸熊。やはり手は整っている。瀬戸熊の手順を追っていくと、

上家の親、白鳥にを鳴かれたあと、

瀬戸熊はをツモって打

茅森の仕掛けが入ったのちに、

瀬戸熊はを引き込んで打。使う部分をバチッと決める。

次の手番で、

を引いて、234三色と、両にらみのイーシャンテンに。

そして、白鳥がをチーしてテンパイを入れた直後、

持ってきたのはドラの!文句なしのリーチだ。

チー、ポンと暴れまわっている白鳥、茅森の二人に対して『本当の暴れん坊は俺だ!』と言わんばかりのリーチがかかった。

まず最初にツモ番がまわってくるのは、

園田だ。現物はただ1枚。

園田が切ったのは、

だ!超ファインプレーが飛び出した!!

瀬戸熊に対して唯一の現物であるは、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!