1秒たりとも目が離せない!四者四様の思考がぶつかりあった壮絶な一局の結末は⁉︎【Mリーグ2020観戦記11/19】担当記者:ゆうせー

1秒たりとも目が離せない!

四者四様の思考が

ぶつかりあった

壮絶な一局の結末は⁉︎

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2020年11月19日

第1試合

東家 瀬戸熊直樹(TEAM雷電)

南家 園田賢(赤坂ドリブンズ)

西家 茅森早香(セガサミーフェニックス)

北家 白鳥翔(渋谷ABEMAS)

解説 渋川難波 実況 日吉辰哉

東4局1本場

 

ドラは

前局、

渾身のテンパイを入れて親番をつないだ白鳥。

注目の手牌は、

いい!赤2枚とダブがある。第一打は静かに

2巡目に、

が重なり打。まだ穏やかな河だ。

「ポン」

瀬戸熊からが鳴けた!

数牌を大事にしてここは打

ここで茅森の仕掛けが入り、次の手番白鳥、

をツモってイーシャンテンに。親満はすぐそこだ。

次巡、

分岐点が訪れる。

白鳥が選んだのは、

であった。ピンズを補強し、マンズ待ちが残る可能性を上げた一打だ。

2副露目を入れた茅森からが出て、白鳥はこれをチー。

完全に思い通り、とまではいかなかったが、カンの満貫テンパイを入れた。

一方で、白鳥の仕掛けにをかぶせてきた上家、

茅森にもこの局、手が入っていた。

2巡目まで巻き戻してみると、

仕掛け出しはこの手格好からだった。でチー。

不安定な部分が残るので1枚目のはスルーしたが、このドラ含みのカンチャンターツは是が非でも埋めたいところだ。役牌のトイツが二組あるのがなんとも心強い。

3巡目に、

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!