勝敗を分けたのは運なのか 松本吉弘・萩原聖人のコントラスト【Mリーグ2020観戦記11/19】担当記者:東川亮

勝敗を分けたのは運なのか 

松本吉弘・萩原聖人の

コントラスト

文・東川亮【木曜担当ライター】2020年11月19日

大和証券Mリーグ、11/19の第2回戦は、以下のような顔ぶれとなった。

第2回戦

東家:村上淳赤坂ドリブンズ

南家:萩原聖人TEAM雷電

西家:松本吉弘渋谷ABEMAS

北家:和久津晶セガサミーフェニックス 

村上、松本、和久津の3選手は、前回出場時にいずれもトップだった。

個人成績1位の村上は言わずもがな好調、和久津はうれしい今シーズンの自身初トップを獲得しており、松本は親の四暗刻ツモで自身、そして今シーズンのMリーグにおける初役満を決めている。

「勢い」という要素を考慮するなら、いずれも上り調子、あるいは充実しているメンバーである。

対して萩原は、全30選手中唯一トップがない。

展開に恵まれなかった試合も多々あるが、自身としても、不本意な麻雀が続いているだろう。

試合は、そうした構図が残酷なまでに浮き上がるものとなった。

東2局

和久津が1巡目からpastedGraphic_2.pngをポン。

一色手へ向かう進行だが、この形でいきなりpastedGraphic_2.pngから鳴くのはかなりの思い切りだ。

配牌の段階で、最終形をハッキリと見据えていたのだろう。

 

和久津はさらにpastedGraphic_5.pngもポンしていくが、村上もpastedGraphic_6.pngポンで対抗。

序盤からなにやらめまぐるしい。

副露が3つも入っているのに、松本はただの1牌もツモっていない。

とは言え、松本は配牌からこの形。

下家の和久津がマンズの一色手模様だが、材料を見れば戦うべき手だ。

先処理とばかりに、不要なマンズを切り飛ばしていく。

 

そして急所のカンpastedGraphic_10.pngを引き入れてリーチ、一発ツモ。

幸先の良い2000-4000は、前戦の勢いをそのまま引き継いでいるかのようだ。

対象的に、厳しかったのは萩原。

仕掛けとリーチに対して何かをする余地もないまま、あっという間に親を落とされてしまった。

次局も先手を取ったのは松本。

イーシャンテンでドラpastedGraphic_13.pngを見切る思い切りの良さを見せると、次巡でかぶってしまうも絶好のを引き入れてリーチをかける。

直後、萩原がロン牌pastedGraphic_16.pngを掴む。

一度はこらえたものの、対抗しようと手を進めたことで打ち出されてしまった。

さらに、裏ドラが雀頭のpastedGraphic_18.png

萩原から松本へ、12000の放銃となった。

松本の勢いは止まらない。

東4局2本場には、まさにそんな現状を象徴するかのような超好配牌が訪れる。

赤赤ドラでターツも役も選び放題、七対子ならイーシャンテンだ。

しかし、この手は良すぎるあまりに難しい。

一本道ではなくさまざまなルートが見えるため、すんなり正解を選べれば早そうだが、裏目を引いてのアガリ逃しなどもないわけではない。

そうなったときのショックは非常に大きいだろう。

2巡目、松本はpastedGraphic_21.pngを引いてpastedGraphic_22.png切り、ピンズの横伸びを見た形に。

この場合、ソーズの下はロスになるが、pastedGraphic_10.pngは受け入れられる上に七対子も残せる。

一番シンプルなのは孤立の切りだが、打点を見るなら使い切りたい。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!