西原理恵子 & 山崎一夫 でかぴんじゃない麻雀入門プラス その10

こんにちわ。

近代麻雀本誌のコラムでかぴん麻雀入門はしばらくコロナ関連が続きそうです。

なので、こちらで麻雀関連のツイートと文字数不足分の補足です。

よろしくお願いします。

 

11月21日

2000点テンパイは魅力がありませんが、ホンイツイッツーの8000にできれば魅力です。

上のチーは2倍速、下のオタ風ポンは4倍速で枚数換算だと同じ8枚ですが、実際には下の方が早そう。

でも赤無しなら4000だと。


【追記】
ホンイツは鳴きの加速が活用できるので有利。

リーチが警戒されるのと同様に警戒されますが、どちらも相手のブレーキにもなる。

巡目が早ければ積極的に狙いましょう。

上は鳴かずのリーヅモもあり、の代わりにだと魅力倍増です。

 

11月21日

2巡目の親リーに現物無し。

トイツ落としで18000放銃。

端牌は安めかも(ウソやんけ)と、1枚通れば2枚通る(ればね)で。

 


【追記】
たとえアンコ落としでも、いわゆる交通事故だと諦めましょう。

 

11月22日

ラス前、点差を確認する必要が無いくらいのダントツだったんですが、ダンラスの南家からメンピン即ツモ三色その他で倍マン。

ラス親でマンツモ、さらにワキから8000。

かろうじて私が500点上でリーチ。

すぐにワキ2軒から追いかけ。

ワキで決着してリー棒分逆転ですって。

リーチは甘かったか?

【追記】
赤入りフリーでは、甘いリーチよりも甘いダマのほうが多いと割り切りましょう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!