天才の守りとゼンツッパ。不調のフェニックスを蘇らせた茅森早香の闘牌【Mリーグ2020観戦記12/8】担当記者:危険な鬼太郎

待ちならば勝機は十分に有りそうだが…。これは親リーチの藤崎にも、そのリーチに対してゼンツッパしている茅森に対しても危なすぎる。

「藤崎だけのリーチならば、このさえアガれればトップが見えるので押す価値があるが…。茅森が無筋を切って攻め込んできている。千点二千点の手で無筋を切る訳がない。恐らくは勝負手のハズだ。この2件に対して押し返す価値があるのか…?」

瑞原はを切って大勝負に出た。

それほどこのに感触がある。

これが茅森にアタリ、ドラ3の8000の放銃。お互いトップを獲るために攻め続けていたが、ここの軍配は茅森に上がりフェニックスに大きなトップを持ち帰った。

セガサミーフェニックスは最下位にまで落ちていたが、この茅森の活躍によって7位まで順位を上げた。

セガサミーは茅森以外の3人の不調が目立つが、この茅森のトップをきっかけに飛躍しそうだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!