瀬戸熊直樹、丸山奏子を見事追撃!! TEAM雷電、年またぎの2連勝で好発進!!

瀬戸熊直樹、

丸山奏子を見事追撃!!

TEAM雷電、年またぎの

2連勝で好発進!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕50日目、第1戦は瀬戸熊直樹TEAM雷電)が、トップを獲得。先行する丸山を、南場で2度の直撃で仕留めた瀬戸熊が個人6勝目を獲得。TEAM雷電はマイナスを2桁台に戻した。

第1戦の対局者は、EX風林火山勝又健志赤坂ドリブンズ丸山奏子、U−NEXT Pirates・石橋伸洋、そして瀬戸熊の4名。

開局から、丸山が先行する展開で試合が進む。東1局に、リーチ・一発・ツモの2000・4000(60符)をアガると、次局の親番では先制する西家・石橋のリーチにカン待ちで追いかけて、見事討ち取り。リーチ・ドラ1・ウラ1の7700点。丸山のリードで東場を折り返す。

南1局2本場、西家・瀬戸熊が赤2のピンフ待ちでリーチをかけると次巡、南家・丸山はツモり四暗刻のテンパイ。しかし、瀬戸熊が同巡にをツモアガリ。3000・6000のアガリで瀬戸熊が2番手に浮上する。

次局、瀬戸熊がリーチ・ピンフイーペーコーの3900点を丸山から直撃して、微差ながら逆点。

南3局、瀬戸熊の親番では瀬戸熊・丸山・石橋の3軒リーチ対決。結果は丸山が瀬戸熊に放銃してリーチ・ピンフ・赤1の5800点。

オーラス2本場は、丸山が石橋からホンイツの8000点をアガって試合終了。瀬戸熊がTEAM雷電に年またぎの2連勝を持ち帰った。

瀬戸熊はインタビューで、

「(チームは昨年末から連勝ですが)僕自身は年末に箱ラスを引いたんで、それが脳裏をよぎりましたが、いいスタートを切れました。ファイナルを目指してチーム一丸となってがんばりますので、応援よろしくお願いします」

と語った。

【Result】
1着 瀬戸熊直樹・雷電 4万3300点/+63.3
2着 丸山奏子・ドリブンズ 3万7400点/+17.4
3着 勝又健志・風林火山 1万8000点/▲22.0
4着 石橋伸洋・パイレーツ 1300点/▲58.7

【Total】
1位 EX風林火山 +410.4(49/90)
2位 渋谷ABEMAS +211.4(50/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 51.7(50/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ 3.5(50/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲67.3(49/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲83.2(49/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲253.3(49/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲273.2(50/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsPirates vs雷電vsドリブンズ」

詳細情報
EX風林火山vsU-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズ

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月3日の対戦はEX風林火山vsU-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズ

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!