小林剛、強し!! バイマン飛び交う乱打戦の中、萩原聖人を退けて、海賊が15戦ぶりの凱歌をあげる!!

小林剛、強し!!

バイマン飛び交う乱打戦の中、

萩原聖人を退けて、海賊が

15戦ぶりの凱歌をあげる!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕50日目、第2戦は小林剛(U−NEXT Pirates)が、トップを獲得。試合はは小林と萩原の、逆転に次ぐ逆転のデッドヒート。ラス前のリーチでドラをツモアガった小林が試合を制して、パイレーツに15戦ぶりの朗報をもたらした。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹赤坂ドリブンズ鈴木たろうTEAM雷電萩原聖人、そして小林の4名。

試合は高打点が多数飛び交う、派手な展開となった第2試合。

開局は起家の小林が連荘するも、2本場で南家の萩原が大物手を決める。10巡目にピンフ赤2・高めイーペーコーの手をリーチして2巡後に高めをツモアガリ。ウラが2枚乗って4000・8000。小林に親かぶりさせて、萩原がトップに立つ。

東2局、愚形の残る形から南家の鈴木がをアンカン。そして10巡目に赤1の待ちでフリテンリーチをかける(カンドラ)。が、15巡目に小林が待ちのタンヤオ・ドラ3で追いついて追いかけリーチ。そして鈴木がを掴んで放銃。さらにカンウラもで、リーチ・タンヤオ・ドラ4・赤1・ウラ1の16000点! 小林が1局で萩原を逆転する。

しかし次局、萩原はチートイツ・ドラ2の単騎待ちを鈴木がから仕留めて6400点。またもや萩原が逆点。

さらに次局、萩原がたたみかける。わずか4巡目にのシャンポン待ちをリーチして、一発でをツモアガリ。そしてウラドラが! 3000・6000で萩原がついに小林を突き放す。

しかししかし南2局、萩原の親番で小林が先制リーチ。リーチ・赤1の高めイーペーコー待ち。そして終盤に高めのをツモアガリ、そしてウラドラが! 3000・6000のアガリでまたも小林が萩原を逆点。

南3局では、いっときは箱下に沈んでいた鈴木が連続親マンガンで戦線に復帰するが、3本場で小林がリーチ・ツモ・ドラ2のマンガンをアガり、これが決勝打となった。小林が15戦ぶりの勝利をパイレーツにもたらした。

小林はインタビューで、

「(15戦ぶりのトップについて)15戦も(トップが)なかったなんて知らなかったんですけど、よかったですね。ドラとウラドラに恵まれました。アンカンの局面はめっちゃ怖かったんですけど安全牌がなく、押すしかない状況でしたがうまくいきましたね」

と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 5万4900点/+74.9
2着 萩原聖人・雷電 3万3500点/+13.5
3着 鈴木たろう・ドリブンズ 2万2300点/▲17.7
4着 二階堂亜樹・風林火山 ▲1万700点/▲70.7

【Total】
1位 EX風林火山 +339.7(50/90)
2位 渋谷ABEMAS +211.4(50/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 51.7(50/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ 3.5(50/90)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲69.7(50/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲85.0(50/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲178.4(50/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲273.2(50/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsPirates vs雷電vsドリブンズ」

詳細情報
EX風林火山vsU-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズ

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月3日の対戦はEX風林火山vsU-NEXT Pirates vsTEAM RAIDEN / 雷電vs赤坂ドリブンズ

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!