ダマテン一閃! 滝沢和典の気迫が呼び寄せた執念の二盃口【Mリーグ2020観戦記2/19】担当記者:渡邊浩史郎

このを見事に重ねて七対子のイーシャンテンに!

しかしそこに待ったをかけたのが近藤。カンを引き入れて待ちのリーチ!

自分の手を見て押した萩原からこれを出アガリ!裏こそ乗らないものの5200のアガリ。

全員が中~高打点のアガリを決めて、非常に平たい南場を迎える。

【南1局】

近藤がをポンして発進。打点がない手だが、ここは連荘を重く見る。

それを見た朝倉。ダブを暗刻にして、秒速でドラのを切る。ここは後に切り遅れとなるのを嫌った形だ。

4枚目のを引いて、ここはいったん保留の

近藤が食伸ばしのチーを入れて、より広いイーシャンテンに。

赤を引いた朝倉だがここでもカンせず。打

近藤がのチーを入れて聴牌。出たを……

朝倉も鳴いた!4枚あるを1枚切ってイーシャンテン。

近藤から出た

これはもちろん……

スルーした!

そして引いてきたで……

これについては朝倉自身のTwitter、そして対局舞台裏(恐らくは後日Piratesの路上感想戦でも)で語っている姿が見られるのでそちらをご覧いただくのがいいだろう。私がここで私の言葉を使って書いてしまうと、間違った理解を伝えかねない。それほどまでに難しい、微妙な選択であった。

この単騎を見事に正解させ、1300・2600のツモアガリ。今度は朝倉が頭一つ抜ける。

【南2局】は終盤勝負にもつれ込み、滝沢が2000・4000をツモアガリ。

【南3局】

この局の先制は朝倉。

4巡目にと中膨れの3待ちの聴牌。ここは頼りのリーチと行く。

ここに萩原もぶつけていく。ドラ1で4枚見えの両面と、決してよくはないがここを勝負どころとした。

二者の捲り合いになるかと思われたが、ここに参戦する男が一人。

親の滝沢である。二件リーチに共通安牌なし、を切る。

を重ねて……

静かに無筋でドラのを、縦に置いた。

二軒リーチに安牌でもない待ち、近藤からこぼれる訳はなく、そう考えるとリーチのほうがいいのかもしれない。しかし滝沢はわずかに降りたり回ったりする道を残した。

この三軒聴牌の行方は……

朝倉から滝沢への放銃という形となった!ピンフ・二盃口・赤赤の18000のアガリで朝倉痛恨、滝沢はトップ争いから一気に抜け出す。

【南3局1本場】はこれまで我慢の展開だった近藤が萩原から5200の黙テンをアガって二着に浮上してくる。

【南4局】

5巡目、萩原が二枚目のを仕掛ける。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!