譲り受けたのは三人分の”チャンス”……戦闘民族・鈴木優はMVPへの道を突き進む【Mリーグ2023-24観戦記 3/28】担当記者 渡邉浩史郎

譲り受けたのは
三人分の”チャンス”
……戦闘民族は
MVPへの道を突き進む

文・渡邉浩史郎【木曜臨時ライター】2024年3月28日

第1試合

東家:醍醐大セガサミーフェニックス
南家:松本吉弘渋谷ABEMAS
西家:鈴木優U-NEXT Pirates
北家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

レギュラーシーズン終盤の観戦記は、どうしてもボーダーチームか個人賞獲得候補の選手に話が集まりやすくなる。
直接対決の構図が分かりやすく、書きやすい上に読者も気になるところというのが大きいだろう。

今回も御多聞に漏れずMVP争いの話になってくるのだが、今年は一点毛色が違う。

とりあえず始まる前の個人ポイントを一度確認しよう。

 

ドン、と青が目立つこの表を見てもわかる通り、同一チーム三人がMVP争いを競っている状況なのだ。

パイレーツは今日の二試合をもってレギュラーシーズン終了。
この二戦で実質的に、誰をMVP候補として擁立するかを選択しなければならない。

初戦のオーダーは……

戦闘民族、鈴木優だった。

「MVPチャレンジの機会をもらった」と本人がXでポストしたように、ある種チームメイトからの挑戦状でもある。

仮に小林が少しでもプラス復帰を目指したいと言ったなら、あるいは万が一、いや億が一瑞原が嫌がれば、「小林の連闘」といったオーダーも十分あり得た。

瑞原はかつて沢崎と繰り広げたMVP争いも頭によぎっただろう。あそこでもひと悶着あったが、結果として自身にとってもMリーグ全体にとっても最高の”熱狂”を届けることができた。

小林のプラス復帰の”チャンス”と瑞原のチーム内MVP確定の”チャンス”。この二つを喰っての初戦登場。

この一戦目を連対で終われば、パイレーツとしては異例の連闘策となる事は明白だろう。

しかし優の立ち上がりは芳しくなかった。
音速の東場が終わり、迎えた【南1局】は捲り合いで寿人に放銃。トップと16000点近く離れたラス目となる。

このまま終われば二戦目の出場は絶望的。

「やれんのか、優!」
仲林の大きな声が聞こえてきそうだ。

優の「機会をもらった」ポストは当然瑞原や小林からだけという意味ではない。MVPを獲得できる立ち位置にいた仲林も含まれている。

控室で応援している仲林にだってほんのり悔しさがあるだろう。
「優のほうが20pt程上だから、これは優が勝ち取った正当なチャンスだ」
仲林本人はそう割り切っているかもしれない。

しかし受け取る側の優はそれで割り切れるだろうか。
そう割り切るにはいささか彼は優しすぎるように見えてならない。

なればこそ、今ここでトップを取ることこそがチーム全員への恩返し。
【南2局】、柔らかく、かつ打点も見据えたこの【9ピン】対子落としから……

ここで安全度に大きく舵を切る打【6ピン】

寿人の先制リーチに危険牌を打ち出すことなく……

この追いかけリーチに辿り着く!!
ただの直線的な打ち手では辿り着けなかったかもしれない……

海底を噛み締めるハネマンのアガリでいきなりラスからトップに!

続く【南3局】も後手押し返しの手組から……

醍醐の先制リーチにこのダマ12000で追いつく。
リーチの現物ではないが、トップ目であり河底牌が危険なら降りもあること、ドラか海底で自模れば跳満あることを理由にダマテンに構える。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/