滲んだ視界の先に見えた景色は “U-NEXT Pirates鈴木優”の航海日誌【Mリーグ2023-24観戦記 3/28】担当記者 #後藤哲冶

滲んだ視界の先に
見えた景色は
U-NEXT Pirates鈴木優
の航海日誌

文・後藤哲冶【木曜担当ライター】2024年3月28日

Mリーグレギュラーシーズン最終週。
3月28日の木曜日、シーズン最終戦を迎えるU-NEXT Piratesには、嬉しい悩みがあった。

(画像は第1試合の前。第2試合開始時には優のポイントは350,4にまで増加している)

MVP争い。
個人首位の座に君臨しているのは、過去にMVPを獲ったこともある、パイレーツ所属の瑞原明奈
それに追随するのは、この日の第1試合で見事トップを獲得した同チームの鈴木優だった。

瑞原を出すか、優を出すか。
どちらの選択もとれたが、パイレーツが選んだのは。

優の連闘だった。

チーム内で、どのようなやりとりが行われたかは、わからない。
瑞原だってもちろん、MVPを獲りたいはず。それでも、2連勝してくれるならと、笑顔で送り出したのだ。

背中に、想いは込められた。
その期待に、応えたい。
戦闘民族が牙を剝き出しにして、シーズン最終戦へと挑む。

3月28日 第2試合

東家 滝沢和典 (KONAMI麻雀格闘倶楽部
南家 魚谷侑未 (セガサミーフェニックス
西家 白鳥翔  (渋谷ABEMAS
北家 鈴木優  (U-NEXT Pirates

東1局は流局で、1本場

【中】をポンしている親の滝沢が、この手格好から打【4マン】
ドラである【2ソウ】のターツは残しつつ、【2ソウ】を縦に引いた時の【6マン】【9マン】最終形と、トイトイまでを見れる良い一打だ。

格闘倶楽部も、5位アベマズとの差は広げておきたい。
レギュラーシーズンが終わった後、セミファイナルで標的となるのは現状自分たちなのだ。

中盤から仕掛けの滝沢に押し続けた白鳥が、テンパイを入れた。
赤を2枚従えたピンフ【3マン】【6マン】待ちテンパイ。もちろんリーチでぶつける。

逆に白鳥は、ここで格闘倶楽部とのポイント差を詰めておきたい。
チームの現在のポイントが-20ptほど。
実は渋谷ABEMASはMリーグが始まってからの5年間、一度もレギュラーシーズンでマイナスになった年がない。
その不敗神話とも言える記録を継続させるためにも、大き目の2着か、トップが欲しいところだ。

優が、【4マン】を引き入れて形が引き締まった。
形上は【9ソウ】を切りたいが、ワンチャンスとはいえ通ってはいない牌。
リーチにも仕掛けている滝沢にも通っているため、ここは【1マン】切りで形を維持するかと思われたが。

優の選択は【9ソウ】切り。
【3マン】【6マン】引きでのテンパイすらも逃さないという意志の表れた一打だ。
優は確実に、トップを獲りに来ている。

滝沢が、ペン【3ソウ】テンパイから【7マン】も暗刻にして一気に大物手に。
【中】トイトイ三暗刻ドラドラの18000テンパイ。
【4マン】切りからの構想が見事にハマった。
ドラの【2ソウ】がまだ山に2枚眠っている。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/