多井隆晴、巧みな駆け引きでファイナル2勝目獲得!!【Mリーグ2022-23 / ファイナル 】

多井隆晴、

巧みな駆け引きで

ファイナル2勝目!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2022-23 ファイナル」の5日目、第2戦は多井隆晴渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。首位を走るABEMAS・多井が巧みな攻守を見せつけてファイナル2勝目。悲願の初優勝にまた一歩近づいた。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典TEAM RAIDEN / 雷電・本田朋広、そして多井の4名。

東4局1本場、トップ目多井と勝又のリーチ合戦。しかし、多井が切った【6マン】にロンを宣告したのは滝沢。タンヤオ・ドラ1・赤1のカンチャン待ち。ラス目の滝沢がアガったことにより、全員が2万点台で折り返す。

南1局、多井が赤1のカン【6ソウ】待ちをリーチ・ツモ。ウラ1の2000・4000でふたたび他家を引き離しにかかる。

しかし南3局1本場、滝沢がドラの【5マン】【5ソウ】のシャンポン待ちでリーチ。【赤5マン】【赤5ソウ】を内蔵した大物手。【5マン】をツモアガって3000・6000。親被った勝又の表情が歪む。これで滝沢がトップ目に立つ。

南4局、多井が親番で勝又からリーチ・一発・タンヤオの7700を討ち取って逆転トップ目に。

南4局1本場、本田がバイマンツモを狙ってフリテンリーチ。首尾よくピンフタンヤオ・高め567サンショクをツモアガるが、ウラドラのらずで着順は変わらず。

多井トップ・2着滝沢でゲームセットとなった。

多井はインタビューで、

「Mリーグ始まって僕は5年目なんですけど、チームメイトがだんだん頼もしくなってきて今では、僕がずっと打たなくてもいいチームになってきて、本当のチームスポーツというかチーム競技になったんだなっていう気持ちで今すごく青春してます。チームメイトの期待に裏切らないように僕もがんばりますけど、ファンのみなさんの応援を毎日毎日感じてますので最後に優勝するまで一緒に突っ走ってほしいと思います」

と語った。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 3万5800点/+55.8
2着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 3万4200点/+14.2
3着 本田朋広・雷電 2万7600点/▲12.4
4着 勝又健志・風林火山 2400点/▲57.6

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +290.5(10/16)
2位 TEAM RAIDEN / 雷電 +166.5(10/16)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +154.2(10/16)
4位 EX風林火山 ▲159.4(10/16)

朝日新聞 Mリーグ2022-23 ファイナルシリーズ5日目 

詳細情報

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞 Mリーグ2022-23 ファイナルシリーズ5日目

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/