【クイズ】解けたら君もMリーガー、魚谷侑未のノーパニック打法【文・渋川難波】

今回は「最速マーメイド」でおなじみ魚谷侑未選手のスーパープレイをご紹介します。


まずは、こちらをご覧ください。

この配牌と、この点棒状況で何を狙いますか?
そうです、「二着」を狙います。
トップ(岡田紗佳)は遥か遠く、二着目(小林剛)とはわずか2400点差、そして4着(瀬戸熊直樹)とも22600点離れています。
この状況で3着確定の和了をすることなんてありません!
条件は、2600以上の出和了か1300以上の直撃、そして500.1000以上のツモ和了です。
そして、この時一番やってはいけないのは、「を鳴かない」ということです。
確かに鳴くとドラ1しかないですが、ツモか直撃で条件を満たしています。
そしてリーチだともちろん無条件ですが、形が良くないのでテンパイすら怪しいくらいの手です。
ツモか直撃は立派な条件ですので、しっかり仕掛けていきましょう
それをしっかり理解している魚谷選手は、どころかからチーしていき、見事先制テンパイを入れました。

 

 チー ドラ

二千点のテンパイになったので、あとは予定通り、ツモか直撃以外和了りません。
しかし、ここで想定外の事態が起きました。
を絞りに絞った親の瀬戸熊選手から、切りリーチが入ったのです!!

親番の瀬戸熊直樹切りリーチ

皆さんはどうしますか?

A 見逃す

B アガる

解答は以下

解答

見逃す

解説

この瞬間覚悟の決まってなかった人は
(え、親リーチ?しかも宣言牌が!?)「ロ、ロン……」
となり、3着確保をしてしまうでしょう。
しかし、よく考えてみてください。最初にこの点棒状況では「二着」にならない和了はしない!と決めていたのです。
親のリーチは勿論怖いです。しかし、その恐怖に負けず冷静な判断をすることが大事です。
それでは、冷静に考えてみましょう。
①リーチ棒が出たので、この後で和了れば二着になる(同巡で切られた場合のみ、和了れない)
②流局しても、次局和了れば二着になれる
③仮に親が4000オールをツモっても、まだ三着目。そして二着目との点差も変わらない

つまり、今慌てて和了って三着を決めなくても、充分な余裕があると言えます。
そう考えると、親リーチが入ったとはいえ慌てて和了る必要はなく、見逃しと言う選択ができることでしょう。
後でじっくり考えるとこの結論は出せたとしても、実戦で導き出すのは非常に難易度が高いです。
しかし、魚谷選手は微動だにせずこのを見逃しました。
リーチ宣言牌で出るというレアケースにも動じず、しっかり考えがまとまっていた証拠です。
そして結末はと言いますと……

見事をツモって逆転二着となったのです!
このように、想定外の事態が起きてもパニックにならずに冷静に判断することが上達への近道です。
それでは、また!

渋川通信

最近のマイブームは、カレー屋さんのバターチキンカレーです。カレーなのに甘いという不思議な味が気に入っています!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!