降り注ぐ雷の中で…不死鳥と海賊船と格闘俱楽部がつかみ取ろうとした『傷だらけの2着』【Mリーグ2020観戦記3/4】担当記者:ゆうせー

降り注ぐ雷の中で…不死鳥と

海賊船と格闘俱楽部が

つかみ取ろうとした

『傷だらけの2着』

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年3月4日

1試合目

東家 佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

南家 近藤誠一(セガサミーフェニックス)

西家 朝倉康心(U-NEXT Pirates)

北家 鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)

解説 土田浩翔 実況 日吉辰哉

東1局こそ流局となったが、その後たろうが、

リーチツモ赤赤、

リーチドラ裏、

親番でのリーチ一発ツモ赤、と立て続けにアガリを決める。

だがゼウスは攻撃の手を緩めない。

下家寿人の3巡目リーチにイーシャンテンからをプッシュ。 さらにはを引いて打とし、テンパイした後にもと押し続ける。

イーシャンテン時には、ドラのを絶対に使うという意志のもとで現物のを切らずに、

の形をキープして、の縦引きにも備えていた。

正直なところ、この半荘でトップを取るという観点では、これは押し過ぎだと感じる。現状のリードがあるので、特に流局が近づいた時点ではオリて致命傷を避けつつ、この点棒状況のまま局を進めるのが良いのではないだろうか。

ただ、今、赤坂ドリブンズにとってチームポイントはあればあるだけ良い状況だ。この親で点数を伸ばせるなら伸ばしたい。

そして、仮に寿人に放銃して現状ランキング4位の格闘俱楽部が2着目になっても、8位のフェニックスと5位のPiratesが苦しくなるので、チームランキングを考えると悪くない。

かくして、たろうは押しに押して連荘をもぎ取り、

次の局にこのとてつもない打点のテンパイを入れる。

この局は先制リーチを入れていた寿人の一発ツモとなったが、全てを焼き尽くさんとする、たろうの雷のような攻めを見た東場だった。

今はシーズン最終盤。1半荘の着順がチームの進退に影響する。

なんとか抜け出したい寿人、

南1局の親番。対面朝倉がを仕掛けている状況で、ドラのを持ってくる。

その3秒後、

寿人はを河に並べた。こうしておくと、

引きで満足のいくリーチが打てる。赤とドラがあるこの手はスピード勝負。

寿人が持ってきたのは、

狙い通りの!光の早さでリーチ棒を卓に置く。

次に手番の近藤は、

を持ってきた…くっつきのイーシャンテンだが、どうする。

近藤は現物のを切った。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!