近藤誠一、驚異の粘り腰で大逆転!! これが「理論と直感力の使い方」だ!!

近藤誠一、

驚異の粘り腰で大逆転!!

これが「理論と直感力の使い方」だ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕85日目、第2戦は近藤誠一セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。オーラスでラス目に甘んじていた近藤が、一発高めツモ&ウラ1という条件をクリアし、一気にトップとなった。フェニックスは7位に浮上。残り10戦で足切りが決定する。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大U-NEXT Pirates小林剛、そして近藤の4名。

東2局、親の園田が10巡目に先制リーチをかけて、ツモアガリ。ピンフイーペーコー・ドラ1・赤1の6000オール。序盤は園田が快走する。

東2局1本場では、前原が園田から8000点の直撃、東4局には小林がダブ・赤1の2000オールをアガり、上位陣が拮抗してゆく。

東4局1本場、前原のリーチを受けたものの、近藤が・ドラ1・赤1の1300・2600をアガって、戦線に食い込む。

しかし、近藤はその後の展開に恵まれず、オーラス1本場を迎えてラス目。3着目の前原までは2100点差。2着目の小林までは18700点差。ハネマンをツモっても届かない。トップ目の園田までは2万100点差。

呻吟しながらもピンフタンヤオ・高めイーペーコー・赤1の待ちテンパイにこぎつけた近藤は、長考の末リーチを宣言。そして一発で高めをツモ! そしてウラドラは… 1枚乗った! なんと4000・8000のアガリを決めて、奇跡のトップまでゴボウ抜きの大逆転を果たしたのだった。

近藤はインタビューで、

「3日くらい興奮しそうですね。とにかくラスからトップというのが大きいですね。一昨日は(チームが)手に恵まれずラスが続いたので、ここで一発気合を入れて(の連闘起用)ということでしょうかね」

と語った。

ちなみに、近藤選手の著書「麻雀 理論と直感力の使い方」が昨日発売されたばかりである。

 

【Result】
1着 近藤誠一・フェニックス 3万800点/+50.8
2着 園田賢・ドリブンズ 3万500点/+10.5
3着 小林剛・パイレーツ 2万5200点/▲14.8
4着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 1万3500点/▲46.5

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +518.6(84/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +317.2(84/90)
3位 EX風林火山 ▲25.9(84/90)
4位 赤坂ドリブンズ ▲87.7(86/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲115.0(86/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲178.2(84/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲205.0(86/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲224.0(86/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsPirates」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
3月4日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!