【西原理恵子 & 山崎一夫】トップ取りの為にはラス転落もやむなし!

あまり良くないのは、通りそうなのを何種も切ること。
一つ一つの当たる確率は低くても、合計すると危険です。

意識してほしいのは、1種通ると別の牌の危険度が僅かに上がる点です。

これはワキが通した場合も同じなので、色いろ通れば通るほど、撤退のサインが出ていることになるんです。
結果的には、その牌は通ってたことが多いと思いますが、それは

○通る牌が多いのは当たり前
○もし当たれば大損

のバランスが、すでに悪い方に振れてる可能性が高いです。

結果論と期待値(損得の平均)は別なので、結果から是非を判断しないほうがいいと思います。
「結果通ってたけど、ま、切れないわな」と。

キッチリと降りるのは、その時の損得だけでなく、その後の局や半チャン、ひいてはメンツ間の力
関係にも影響を与えることがあります。

リーチの空振りが続くと、アガりたくてついダマ。

結果的にアガれるかもしれませんが、おそらく期待値に照らせば、ダマもアガることも間違いだと思います。
ダマでアガってくれてラッキー。

その時の印象や短期のデータで、間違えた選択をしてる可能性が大です。
昔の博打麻雀の言葉です。

「あのリーチをアガらせると、調子に乗って攻められるからなあ」

 

オカルトのようでもあり、けっこうデジタルなのかもしれません。

 

今年も前傾姿勢でがんばりましょう。

 

(文:山崎一夫/イラスト:西原理恵子■初出「近代麻雀」2016年2月1日号)

●西原理恵子公式HP「鳥頭の城」⇒ http://www.toriatama.net/
●山崎一夫のブログ・twitter・Facebook・HPは「麻雀たぬ」共通です。⇒ http://mj-tanu.com/

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門は毎週水曜更新!!(次回は3月31日更新予定)

 

 

 

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!