【西原理恵子 & 山崎一夫】コロナに負けるな!でかぴん麻雀入門特別編 コロナ禍の行動は自分の判断が正しい

この二重構造を狙い続けるのが一番効果的。

ラスや3着目が転落無視で挑戦するのはもちろん、たとえ2着目でもラス落ちリスクにギリギリ見合います。

ギリギリをカバーしてくれるのが素点の大きさとチップの存在。

つまりマンセン。

これが成功すると素点換算で合計38000点+40000点。

結果トップラス麻雀になりがちですが、五分の勝負ならラスも歓迎なのだ。

ただし赤入りの現代麻雀では、順位点以上に敵の素点換算が大きいことがある。

先日33000点のトップ目。微差の2着が、あからさまな国士模様から中盤に1種余らせました。

私はタンピン良形の1シャンテンで国士を放銃してラス落ち+ご祝儀で、大コケもいいところ。

2着から国士狙いはよっぽど揃ってたのかもと反省。

お奨めのトップラス麻雀はこれとは違います。

(文:山崎一夫/イラスト:西原理恵子■初出「近代麻雀」2021年5月号)

●西原理恵子公式HP「鳥頭の城」⇒ http://www.toriatama.net/
●山崎一夫のブログ・twitter・Facebook・HPは「麻雀たぬ」共通です。⇒ http://mj-tanu.com/

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門は毎週水曜更新!!(次回は4月14日更新予定)

 

 

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!