自分に求められているもの それは勝利の二文字 KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎 完全復活の一戦!【Mリーグ2021-22 ファイナル観戦記4/21】担当記者:ゆうせー

自分に求められているもの

それは勝利の二文字

KADOKAWAサクラナイツ

内川幸太郎 完全復活の一戦!

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年4月21日

【第1試合】

東家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ
南家:松本吉弘渋谷ABEMAS
西家:魚谷侑未セガサミーフェニックス
北家:伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部

一戦目

内川リードで迎えた東3局、

伊達は、

ここからダイナミックにホンイツへと向かい、

2つ副露する。

それを受けた魚谷は、

ここで【2マン】を外し、

十分に弓を引き絞ってから、リーチ棒とともにソウズを放った。

さらに極めつけは松本。

2巡目に、

ここから自風の【北】をリリース。

【9ピン】三色同刻のタネ。早くも場に見えている【2ピン】【5ピン】は横伸びを見て残す。同時に第二本線である七対子に備えながら、変則手の匂い消しの意味も込めて【北】を河に置いたのだろう。

次巡、

2枚切れとなった【2ピン】を切り出していった松本は、

この手を見事七対子でまとめ上げ、序盤から良いと睨んでいたピンズ待ちでリーチを放つ。

最後に重ねた【9ピン】を残せる打ち手は、ほとんどいないだろう。

仕掛けた伊達。リーチで勝負に出た松本と魚谷。

制したのは、

松本だ!

魚谷から、リーチ七対子3200点のアガリ。

ファイナルにふさわしく、技術と技術が熱を帯びてぶつかり合う。

もちろん、

内川も黙ってはいない。

このまま逃してくれるメンツではない。

だから、

内川はここから、

2つ仕掛けた!

喰いタンで局を潰しにいく。

この副露を見た他家は、

「トップ目が鳴いてきたか…」

と、内川の手の速度や打点についてあれこれ考えをめぐらせるだろう。

誰もが1位を取りたい条件戦だからこそ、そして追われる立場だからこその、素晴らしい積極策。

これが見事奏功する。

打点と形に魅力の少ない門前進行を素早く見切っての、大きなアガリ400-700。

南場に入り、

次は松本のターン。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!