【西原理恵子 & 山崎一夫】チートイツ1シャンテンは待ちごろの牌よりもテンパイ速度優先!

得点に直せば、
1300はダマ。
2600はリーチ。
5200はダマ。

チートイツは常に悪形ですが、待ちごろの牌が選べるのでリーチが多くなります。
上記3つの悪形の判断基準ですが、最近フリー麻雀では全部リーチの人が増えています。

平らな局面なら私も全部リーチで、ダマにするのは悪形1300だけで、親は全部リーチ。
理由は追いかけリーチなどの反撃の餌食になりたくないから。

リーチはアガり確率を落としても、トータルでは確実に得点アップに繋がりますが、悪形1300はそれ以上に失点の可能性が高いと思ってます。

実際にそうかどうかは分かりませんが、私なりの単純化標準化した判断基準です。

「打点と失点のバランスは、平均点が同じなら振れ幅は大きいほうがトップのチャンスが多い」

「良くアガリ良く振りこむ」

 

みなさんには、さらに正確で自分の好みに合った基準を作ってみてはどうでしょう。

 

(文:山崎一夫/イラスト:西原理恵子■初出「近代麻雀」2016年12月1日号)

●西原理恵子公式HP「鳥頭の城」⇒ http://www.toriatama.net/
●山崎一夫のブログ・twitter・Facebook・HPは「麻雀たぬ」共通です。⇒ http://mj-tanu.com/

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門は毎週水曜更新!!(次回は9月29日更新予定)

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/