【中級戦術】咲乃もこが多井隆晴に学ぶ・3【魂天への道】

多井プロ「そうだね。あたるときはよくあるってこと。
宣言牌によってリャンメン率が高い時とシャンポン率が高い時と見分けられると少し守備力が上がるよ」

もこ「それが分かれば愚形押し返しどうするかとか考えられますもんね」

多井プロ「そうだよ! これはリャンメン率がかなり高いから、僕はあまり向かっていかないね」

もこ「なるほど!!」

結論

 

 

 

 

 

 

数牌を切って宣言牌が安全な字牌切リーチの場合、良形率は高くなる。

宣言牌が安全な字牌の場合、牌効率通りに打っていると数牌をまたぐ筋は基本的に通りやすい。

自分が持っている牌の枚数、河に見えている牌の枚数から、よりあたりやすいスジは何なのか考えよう。

 

 

 

 

 

 

さいごに

今回は、多井プロから教わった河読みの話を深めてみました。

どちらも危険ではあるが、微差でこちらの方が危険、といったような比較もいくつか出てきましたが、
それが分かれば安牌がなくなったときや自分が押し返したときなど必ず役に立つ場面は出てくるかと思います。

見えているものの多さに、ただただ驚かされました!

多井プロことたかちゃんからは本当にたくさんのことを教えていただいていて、まだまだ書き足りないことが多くあります!

毎回優しく分かりやすく教えて下さり本当に感謝しかありません。

たかちゃんねる にて
全て動画にもなっているので、ぜひ見てみて下さい♪

私自身も、楽しくをモットーによく麻雀配信をしています!
よかったら遊びに来てくださいね♪

咲乃もこ

今回はここまで!
また機会がありましたらお会いしましょう♪
それではおつもこー! まったねー!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!