松本吉弘、 攻め続けた開幕戦!! 仕掛けとリーチを駆使し、最高のスタートを切る!!

松本吉弘、

攻め続けた開幕戦!!

仕掛けとリーチを駆使し、

最高のスタートを切る!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の開幕戦となる本日、第1戦は松本吉弘渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。小場で回る展開だった第1試合、南3局に均衡を破ったのが松本。リーチ・ツモ・ドラ1・赤1・ウラ1のマンガンで試合を決めた。Mリーグ初登場の松ヶ瀬は、オーラスのリーチが成就して初戦を2位で飾った。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢EX風林火山松ヶ瀬隆弥KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳、そして松本の4名。

初アガリを決めたのは園田。東2局1本場、クイタン・赤1の500・1000がオープニングヒットとなる。

次局は、西家・松本が【東】のみの300・500のツモアガリで岡田のリーチを潰す。さらに次局、岡田がリーチ・ツモの500・1000で松本のリーチをかわす。

序盤から小場の展開だが、決定打が出たのは南3局。

松本がドラ1・赤1の【1ピン】【4ピン】【7ピン】の3メンチャン待ちテンパイを果たして、リーチ・ツモ。ウラ1の2000・4000で均衡を破る。

オーラスは松ヶ瀬が、3着から2着に浮上するリーチ・ツモ・ドラ1の1000・2000のアガリを決めて試合終了。開幕初戦は松本・松ヶ瀬の松松ラインがプラスを決めた。

デビュー戦を2着で終えた松ヶ瀬は、インタビューで

「決め手になりそうな手は入ってたのに、あと1枚が届かなくて…。やっぱりトップはほしかったですね。(Mリーグの舞台は)独特の雰囲気に意外と緊張しました。自分でもびっくりしましたが、心地よいというか、悪くなかったですね」

と語った。

トップの松本は、

「去年、個人としては2019シーズンのリベンジはできたので、引き続き気持ちいい状態で麻雀を打てたのがトップにつながったと思います。緊張はありませんでしたが、監督から『開幕戦はほんとうに重要だからね』といわれ『ええ〜』となったんですけど、いい感じで打てました(笑)」

と語った。

またMリーグファンに向けては、

「Mリーグ2021、ついに開幕しました。選手32人、全員必死に麻雀を打ちますので、この麻雀にかける思いを見てください!」

と述べた。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 3万3100点/+53.1
2着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 2万6000点/+6.0
3着 園田賢・ドリブンズ 2万3500点/▲16.5
4着 岡田紗佳サクラナイツ 1万7400点/▲42.6

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +53.1(1/90)
2位 EX風林火山 +6.0(1/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 0.0(0/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 0.0(0/90)
5位 U-NEXT Pirates 0.0(0/90)
6位 セガサミーフェニックス 0.0(0/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲16.5(1/90)
8位 KADOKAWAサクラナイツ ▲42.6(1/90)

「大和証券 Mリーグ2021 開幕式&開幕戦」

詳細情報
渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsEX風林火山

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月4日の対戦は渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsEX風林火山

キャスト
渋谷ABEMAS
赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
EX風林火山
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
©ABEMA/©Mリーグ

朝日新聞Mリーグ2021 開幕戦

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!