堀慎吾の神眼ふたたび──視える者だけが苦しむ、葛藤と後悔【週刊Mリーグ2021セレクト11月29~12月3日】文・須田良規

堀慎吾の神眼ふたたび──
視える者だけが苦しむ、
葛藤と後悔

文・須田良規 【週刊Мリーグセレクト】2021年11月29~12月3日

またしてもあの選手が、不思議なことを言ったのである──。

11月30日(火) 第2試合、傍目にはちょっと不可解な出来事があった。

順を追って見てみよう。

東4局1本場。これは南家の、KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりの手牌。

5巡目に1枚切れの【白】を引いて、打【5ソウ】とする。

次巡に【7ピン】が重なり、チートイツのイーシャンテン。

【6マン】とする。

そしてすぐに【9ピン】が重なって、

【8ピン】切りで【白】単騎の即リーチである。

ここまでは普通の手順の、普通の光景だ。

問題は、やはりこの選手。KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾なのである。

堀は一発目は現物の【西】を切ったものの、ここで三色のイーシャンテンになり、当たり牌の【白】と、【中】が余っている。

共に1枚切れ、【白】は自分で切っている牌。

いかに堀といえども、こんなものは流石に放銃するしかないのではないか?

しかし予想に反して、このとき堀は相当な時間考え込んでいた。

まずここが妙なのである。

何を考えることがあるのだろう?

相手の捨て牌、自分の手牌、この点数状況だ。
まあ【白】【中】か、自分で切ってるから【白】か。堀の放銃だな。
そんな風に周りも呑気に見ていたはずだ。

そして何秒か、十数秒か悩んだ末に、堀は絞り出すように【中】を切る。

当たり牌の【白】ではなく、【中】

これも不思議な感じはあったが、それよりも勝負手であるこの手牌でも、堀にはまるで気概が見られなかったのが気になった。

そして決着もすぐ。堀の運命を後押しするかのように、ツモ【5マン】と来る。

堀は形上もちろんリーチを宣言するが、その声にはなんとなく、諦めのようなものを感じた。

高宮のアガリ形を見て、堀はゆっくりうなずいた。

それにしたって堀は、なぜあのとき長考していたのだろう。

私は試合後、どうしても気になって、興味本位で堀に聞いてみることにした。
もちろんあまり記事に書く気もなかった。

大体堀の凄さはこの前書いたし、そんな何度も堀のことばっかり書けないよ、
週刊Mリーグが週刊堀リーグになってしまう・・・などと思っていた。

しかし堀の返答は、またしても私を高揚させるものであった。

チートイツかなと思ってましたよ」

──いやいやいや。

そんなに何でも当たるものじゃないだろう。
なんなら後からカッコつけて言ってない?

しかしそれなら、もし本当に堀がそう思っていたのなら。

【中】切りのときの長考も、確かに腑に落ちる。

「まあでも本当に確信ではないです。そこまで明確ではないですが、濃いなと。
ただこういう感覚、外れないんですよね・・・外れて欲しかったけど」

全体の捨て牌はこうである。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!