勝又健志、BEASTを抑えてボーダー死守!! MVP奪取に向けて 大きな一勝!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

勝又健志、BEASTを

抑えてボーダー死守!!

MVP奪取に向けて

大きな一勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の108日目、第1戦は勝又健志EX風林火山)が、トップを獲得。東場の親ハネマンで大きくリードした浅見を、南場の親ハネマンとダブルリーチで逆転した勝又が11勝目。BEASTを抑え込み、ボーダーを堅守。勝又は次戦も参戦でMVPをうかがう。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ浅見真紀KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾BEAST Japanext鈴木大介、そして勝又の4名。

東3局、親の浅見がメンホン・ドラ1のカン【5マン】待ちテンパイ(ドラ【6マン】)。【南】をアンカンすると嶺上牌にいたのは【5マン】! 6000オールで浅見が大きく抜け出す。

南1局、親の勝又が2つ仕掛けてホンイツ【白】【中】・ドラ2の6000オールで浅見を逆転。同1本場、勝又はダブルリーチの3900点を浅見から直撃して、リードを広げる。

南2局には、浅見が堀慎のダブル役満(字一色小四喜)テンパイからのマンガン討ち取りで、勝又を猛追するが及ばず。勝又が鈴木優を振り切る個人12勝で単独トップ。鈴木のMVPまで約40ポイントにまで迫った。

勝又はインタビューで、

「(今日の試合は)やはりもう、いかにしてBEASTを抑え込むかに尽きるなと思ってました。(MVPについては)さっき監督が下まで降りてきてくれて2戦目もって言ってくれたので、次も出させてもらうんですけど、僕の中ではやっぱり優勝したいんですよ。なので、セミファイナルに残れた時に風林火山は6位でセミファイナルで脱落する一番の候補になってしまっているので、そこでファイナルに進めるような戦いをっていう風に思ってます」

と語った。

【Result】
1着 勝又健志・風林火山 6万200点/+80.2
2着 浅見真紀・ドリブンズ 4万600点/+20.6
3着 鈴木大介・BEAST 900点/▲39.1
4着 堀慎吾サクラナイツ ▲1700点/▲61.7

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +887.6(96/96)
2位 赤坂ドリブンズ +415.5(95/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +154.6(95/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +46.9(96/96)
5位 渋谷ABEMAS ▲22.1(96/96)
6位 EX風林火山 ▲34.7(95/96)
7位 BEAST Japanext ▲338.2(95/96)
8位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲484.5(96/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲625.1(96/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラ ナイツvsBEAST

3月29日(金) 19:00 〜 3月30日(土) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
BEAST Japanext
実況:小林未沙
解説:村上淳
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラ ナイツvsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/