村上淳、これまでの鬱憤を晴らす大トップ!! アガり倒して一気に負債を大幅返済!!

村上淳、これまでの

鬱憤を晴らす大トップ!!

アガり倒して一気に

負債を大幅返済!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕72日目、第1戦は村上淳赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。これまでの不調が嘘のように手が入った村上が、歴代MVPを抑えて快勝。ドリブンズはボーダー脱出まであと一息というところまで盛り返した。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人渋谷ABEMAS多井隆晴セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして村上の4名。

東3局、西家の村上が【4ピン】をポンしてドラ2・赤1のテンパイ。多井のリーチを受けるも、村上がツモアガリ。2000・4000でトップ目に立つ。

次局、4巡目にリーチをかけた村上は、終盤にツモアガリ。ピンフ・高めタンヤオ・赤1の高め【4ソウ】をツモって連続2000・4000でリードを広げる。

南1局2本場、親番では【南】アンコのドラ1の手で先制リーチ。ドラ2の魚谷がテンパイまでいくが、村上がツモって決着。4000オールで点棒を積み上げる。

同3本場では、ラス目の佐々木のリーチを受けて村上は【4マン】をアンカンして、ペン【3ソウ】待ちで追いかける。佐々木から【3ソウ】を討ち取って、ドラ1・ウラ4の18000点。これがダメ押しとなって村上が快勝。ドリブンズは、プラス圏まであと一息にまでこぎつけた。

村上はインタビューで、

「今日は前半は、特に工夫もせずにアガれる手がいっぱい来ましたね。本当に麻雀ができることに感謝だなと、日々思っております。応援してくれる皆さん、スタッフの皆さん、負け続けても使ってくれる監督に感謝をしつつ、のこり19試合を精一杯やります」

と語った。

【Result】
1着 村上淳・ドリブンズ 3万9500点/+88.6
2着 多井隆晴・ABEMAS 3万5000点/▲1.6
3着 魚谷侑未・フェニックス 3万200点/▲31.9
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 4900点/▲55.1

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +315.3(72/90)
2位 EX風林火山 +299.5(72/90)
3位 渋谷ABEMAS +179.3(71/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +140.0(72/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +66.2(71/90)
6位 セガサミーフェニックス +5.0(71/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲27.7(71/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲997.6(72/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
2月8日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!