茅森早香、個人2連勝で5勝目獲得!! フェニックスは5位に浮上してさらに上を目指す!!

茅森早香、個人2連勝で

5勝目獲得!!

フェニックスは5位に

浮上してさらに上を目指す!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕72日目、第2戦は茅森早香セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。茅森が持ち前の高打点力を活かし、ハネマン・マンガンを決めて個人2連勝。フェニックスは、麻雀格闘倶楽部をかわして5位に浮上した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうKONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり渋谷ABEMAS松本吉弘、そして茅森の4名。

松本のリードで迎えた東2局2本場、親の松本がチートイツ・赤1、ドラの【中】単騎待ちでテンパイ。親のヤミテンに追いついたのが、茅森。12巡目にピンフタンヤオ・高めイーペーコー・赤1の【4ピン】【7ピン】待ちを即リーチ。さらに追いついた鈴木がリーチをかけるが、宣言牌が高めの【7ピン】。ウラが2枚の12000点。茅森が2番手に浮上する。

南1局に親の高宮がハネマンをツモり、茅森は3着目で南3局2本場を迎える。7巡目にピンフ・高めイーペーコー・赤1の【1ピン】【4ピン】待ちテンパイを入れた茅森が、先制リーチをかける。その一発目、ラス目で親番の鈴木はイーシャンテンの手牌に、絡まない【1ピン】をツモってくるが躊躇なく河に捨てて痛恨の一発放銃。8000点を茅森に献上して、鈴木は箱下に。茅森は、一躍トップ目に躍り出た。

オーラスは、2着目の松本とラス目の鈴木のリーチ合戦に。松本は赤1の手で、ツモってウラ1なら逆転トップの【3ソウ】【6ソウ】待ち。鈴木はチートイツ・赤1、ドラの【7ソウ】単騎待ち。松本からの直撃・ウラ2で着順アップが可能。決着は、鈴木が松本に【3ソウ】で放銃して2600点。松本が2着をキープして試合終了となった。

茅森はインタビューで、

「(今日は)ハネマンをアガってその後は安かったですけど、アガれてよかったです。5位になれたのでここから上に、4・3・2・1位へと上って行きたいと思いますので、これからも応援よろしくおねがいします」

と語った。

【Result】
1着 茅森早香・フェニックス 3万9500点/+59.5
2着 松本吉弘・ABEMAS 3万5000点/+15.0
3着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 3万200点/▲9.8
4着 鈴木たろう・ドリブンズ ▲4700点/▲64.7

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +315.3(72/90)
2位 EX風林火山 +299.5(72/90)
3位 渋谷ABEMAS +194.3(72/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +140.0(72/90)
5位 セガサミーフェニックス +64.5(72/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +56.4(72/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲92.4(72/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲997.6(72/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
2月8日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!