打ってアガって大トップ!東城りおの大胆不敵たる麻雀!【Mリーグ2021観戦記 1/3】担当記者:危険な鬼太郎

打ってアガって大トップ!

東城りおの

大胆不敵たる麻雀!

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2022年1月3日

華のある美女4人の対決となったこの第二局。華があるのは対局場だけにあらず、実況、解説席にも渋いイケメンが二人も座っている。

年明け早々、男女問わず全視聴者の方々の目の保養となる対局になりそうだ。

【2回戦】

東1局 親・東城 ドラ【南】

日向が幸先よく聴牌を入れてリーチ宣言!

リーチピンフ赤の【4ピン】【7ピン】待ち。今年の日向のリーチ発声も去年同様に素晴らしい。

この日向のリーチに同巡で追いついたのが伊達。

ドラの【南】を切ってピンフ一盃口【2ソウ】【5ソウ】待ちのヤミテン。そんなに【2ソウ】【5ソウ】が良くない待ちなので、日向の現物に【5ソウ】があるのでリーチは自重だ。

そしてリャンシャンテンで【7ピン】を掴んだ親番の東城。

ノータイムで打【7ピン】を選択。現物で手牌を壊さない【5ソウ】があるのに強きがすぎる選択。この【7ピン】は、

日向のアタリ牌。リーチ一発ピンフ赤の8000の放銃。打【5ソウ】としていれば伊達に二千点の放銃だったので手痛い失点となってしまった。

 

東2局 親・日向 ドラ【東】

岡田がかなり苦しい仕掛けをしだす。2枚目の【1ソウ】をポン!

【赤5ピン】としてジュンチャンを目指す。

岡田の主張は勿論分かる。この【1ソウ】をポンしなきゃ【東】が重ならない限り降りる手になってしまう。ならば鳴いた方が多少はマシだと思ったのだろう。

しかし持ってこの【1ソウ】は全員に通りそうな牌であり、まして自分の手牌は【東】が重ならない限りジュンチャンの二千点の手。しかもジュンチャンが確定もしていないし初牌のドラまでも浮いている。どうするにしても難しい手だ。

伊達はこの仕掛けに動じる事も無く、

ドラの【東】を切って【6ソウ】【9ソウ】のリーチ宣言! リーチのみで自分の目から【6ソウ】が3枚も見えているが、【7ソウ】が自分の目から3枚も見えているので【9ソウ】には自信があるか。

そしてこの伊達のリーチにすぐに追いついたのが東城!

【5ソウ】【8ソウ】のリーチタンヤオピンフの追っかけリーチ! これに挟まれてしまうと仕掛けている岡田は厳しい。

次第に二人に対する共通安全牌が尽き…、

東城に通りそうな【9ソウ】を切るとこれが伊達のアタリ牌で、リーチのみの1300点の放銃。打点が低くてまだ助かったか。

しかし岡田には苦しい展開が続き東3局の自身の親番で、

ラス目の東城がリーチツモタンヤオピンフドラドラの跳満、3000-6000をツモって一人少しはなれた4着目におちてしまう。

 

東4局 親・伊達 ドラ【9ピン】

親番の伊達がドラの【9ピン】を叩き切ってリーチ宣言!

確定三色の【1ピン】【4ピン】待ち。この【1ピン】【4ピン】は山になんと6枚もいた次巡、伊達がツモ切った【赤5ソウ】を東城がチーし、

【1マン】【4マン】【1マン】の片アガリのこちらも三色の聴牌。リーチ者の伊達の河に【1マン】があるので他家からの降り打ちも十分に期待できそうだ。

しかしここで東城が伊達のアタリ牌である【1ピン】を掴み、

東城がこれを切って伊達がロンの声。リーチ三色の7700の放銃。東城の点箱からかなりの点棒が行ったり来たりしている。


東4局
 親・伊達 ドラ【4マン】

東城が絶好の【7マン】を引き入れてリーチ宣言!

リーチピンフ一盃口赤の【2ピン】【5ピン】待ち。これに放銃したのがドラドラでイーシャンテンの岡田。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!