字牌のドラをどう扱うか 多井隆晴から勉強しよう【Mリーグ2023-24観戦記 2/2】担当記者 #東川亮

字牌のドラをどう扱うか

多井隆晴から勉強しよう

文・東川亮【金曜担当ライター】2024年2月2日

第1試合

東家:多井隆晴渋谷ABEMAS)

南家:渡辺太赤坂ドリブンズ)

西家:鈴木大介BEAST Japanext)

北家:黒沢咲TEAM雷電)

大和証券Mリーグ2023-24、2月2日の第1試合。

東1局に先制リーチをかけた多井は終局間際に8枚目の【3マン】【6マン】待ちをツモ、リーチツモピンフイーペーコードラの4000オールを決めてリードを作る。

その後は放銃なく試合を進め、終わってみれば危なげなくトップを獲得。攻守両面で安定感抜群、できるだけリスクを回避しつつしっかりとリターンを獲得した、多井隆晴らしい一戦だった。

そんな多井のバランスが表れていたのが、字牌のドラの扱い。この試合であった、3局を取り上げてみる。

東4局2本場

手牌はタンヤオピンフ形で1メンツに両面も雀頭もあり、かなりまとまりやすそうな形。これだけいい手ならばと第1打にドラの【白】を切り出しそうな打ち手もいそうだが、多井はタンヤオに不要な【1ピン】から処理した。

次巡、【7ソウ】を引いて良い形が増えたところで2枚切れた【北】切り。多井は特に守備力に定評のある打ち手だが、ここは攻め寄りにシフトしていく。

【赤5ソウ】を引いてさらに手がまとまり打点もアップしたが、ここでは【8ピン】を切って少しスリムに構えた。ドラを切れば広さにさらなる好形も期待できるが、【白】を切って鳴かれてしまった場合、ノーガードの打ち合いのような状況にもなりかねない。もちろん自身で重ねてもうれしい牌ということで、ここは手に残した。

こう受けるならギリギリまで引っ張ることも辞さない構えだっただろうが、重なったなら話は別。

1シャンテンの黒沢が【白】をツモ切り、これは当然のポン。

黒沢のリーチ宣言牌【7ピン】を捉え、満貫の加点。【白】を軽々に切らない進行が最高の結果を呼び込み、持ち点を5万点台まで乗せた。

迎えた南1局の親番でも多井の手は序盤にしてかなりまとまっていて、アガれそうではあった。

しかし次巡、多井がツモりながら怪訝そうな表情で卓の様子をうかがう。

黒沢が3巡目にしてポンをしていたからだ。

鳴いたのは場に切られた2枚目の【東】。手の内を見ればホンイツ一直線、アガリを目指すなら【東】のポンはごくノーマルなことに思えるが、鳴いたのが黒沢というのが重い。Mリーグファンの間ではもはや常識、黒沢は鳴かずに門前で高打点を作ることに定評のある打ち手だからだ。この仕掛けは、我々視聴者側からすればうまくいって満貫という感じではあるものの、同卓者からはそうは見えていないだろう。

そして多井が引き入れたのは役牌でありドラの【中】。黒沢が高打点を目指しているならば、最も欲しいと思われる牌である。一方で、多井にとって現状では全くの不要牌。

多井も、鳴いたのが別の打ち手だったら【中】切りも考えたという。

しかし、ここは【中】を抑えつつマンズを切っていない黒沢に対して、先にマンズを処理していく。点数を持っているから、親だから、形がいいからとやみくもに攻めるのではなく、守備のバランスも取っていく。

この局は一足先にテンパイを入れていた黒沢が太から出アガリ。多井の手も好形の1シャンテンまで育ってきており、テンパイなら【中】も勝負する構えだったそうだが、引かされた【中】の扱いについては、相手までしっかりと見て対応する多井らしい打ち回しだった。

ここまで紹介した2局は字牌のドラを丁寧に抱えていったが、南4局1本場は逆に、第1打で場風のドラ【南】を手放した。この局はアガリトップで【白】がトイツ、他の形もそこそこまとまっていて、自力決着も十分に狙える。そういう状況では重視すべきは何よりもアガリ。そしてドラを切るならトイツになっている可能性が最も低い1打目、ということになる。

2打目にドラがかぶってしまったが、これはこれでOK。むしろドラが2枚見えたことで、他家の高打点の確率が下がっているのはむしろ朗報と言える。

【白】【1ソウ】とポンして、真っすぐ1シャンテンまで進む。

次巡、【3ソウ】を引いてテンパイ。カン【4ソウ】待ちはすでに2枚切られていて目に見えて薄いが、ここはテンパイを取った。アガれる形を維持しておくのは大きい。

トップには満貫ツモ条件の太は、打点も安く待ちも悪い形ながら、何とかテンパイまでたどり着いた。カン【4ピン】待ちは決して良いとは言えず、さらなる変化を探ったかもしれないが、ここはそのままリーチを選択して裏ドラに期待をかける。なお、河にはドラの【南】が2枚並んでしまっているが、多井が序盤に切っていなければ、おそらく手に残っていた牌だった。

多井としては、太への放銃だけは避けなければならない。リーチ宣言牌に合わせる形で【赤5ソウ】を切り、いったんはテンパイを外す。

だが、【8ソウ】【2ソウ】と引いて、【1ソウ】【4ソウ】待ちでテンパイ復活。【7ソウ】は直前に後がない大介が通しており、安全に切ることができた。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/