猿川真寿、南場のマンガン3連発!! 怒濤の猛攻で鈴木大介のリベンジ成功!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

猿川真寿、

南場のマンガン3連発!!

怒濤の猛攻で鈴木大介の

リベンジ成功!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の76日目、第2戦は猿川真寿BEAST Japanext)が、トップを獲得。東場を終えてラス目だった猿川だが、南場に入って3連続マンガンのアガリを決めて一気にトップまで突き抜けた。初戦の鈴木大介のラスを上回るプラスポイントで、ボーダー争いに食らいついた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろう渋谷ABEMAS多井隆晴TEAM RAIDEN / 雷電・本田朋広、そして猿川の4名。

東場をラス目で終えた猿川が南1局で覚醒する。ダブ【南】をアンコにした猿川が5巡目に即リーチ。カン【8ピン】待ちをみごとツモり上げて2000・4000。

つづく南2局、親番となった猿川は678サンショクタンヤオイーペーコーのカン【7ピン】待ちを早々にテンパイ。ヤミテンに構えていたところ、【5ソウ】【8ソウ】【5ピン】【8ピン】待ちに変化する【8ピン】をツモってリーチ。【赤5ソウ】をツモって4000オール。

さらに同1本場、わずか6巡目にイッツ―・ドラ1・赤1のペン【3ソウ】待ちをテンパイ(ドラ【2ソウ】)。直後に鈴木から【3ソウ】が打たれて12000点。

この3連続マンガンのアガリで、猿川が一気にダントツに突き抜ける。

オーラスも、猿川が【中】から仕掛けての1000点を本田から討ち取って試合終了。第1試合の鈴木のラスをリカバーすることに成功した。

猿川はインタビューで、

「(ボーダー争いについて)まだ残り回数がそこそこあるんで、チームとしては着実にポイントを伸ばしていって最終決戦みたいな感じに持っていければいいなと思ってます。チームとしても上り調子で、とにかく今は上とはなされないようにすることが大事だと思いますので、引き続き少しずつポイントを縮めていきたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 猿川真寿・BEAST 5万900点/+70.9
2着 本田朋広・雷電 3万6100点/+16.1
3着 多井隆晴・ABEMAS 1万7400点/▲22.6
4着 鈴木たろう・ドリブンズ ▲4400点/▲64.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +497.5(68/96)
2位 U-NEXT Pirates +414.8(68/96)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +255.5(66/96)
4位 赤坂ドリブンズ +170.3(68/96)
5位 渋谷ABEMAS ▲7.3(68/96)
6位 EX風林火山 ▲240.1(68/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲290.8(68/96)
8位 BEAST Japanext ▲360.9(68/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲439.0(66/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs雷電vsBEAST

2月2日(金) 19:00 〜 2月3日(土) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
BEAST Japanext
実況:小林未沙
解説:朝倉康心
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs雷電vsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/