黒沢咲、勝利とともに結婚報告! 今年も雷電の麻雀は面白いんです!

黒沢咲、勝利とともに結婚報告!

今年も雷電の麻雀は面白いんです!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の開幕戦が9月30日に行われ、開幕第2戦は黒沢咲(TEAM雷電)が、親のハネマンを決めて初トップを奪取、そして勝利者インタビューでは自身の結婚の報告というサプライズを発表した。

同リーグでは1日2回戦を4チームで争い、全90戦のレギュラーシーズンを行う。

2回戦の対局者は、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)そして黒沢、と選手総替えとなっての一戦。

ゲームを決めたのは東3局。多井のリーチに、終盤朝倉が形式テンパイを狙ってチーを入れる。その結果、黒沢にマンガン確定のリーチ! なんと多井がドラのを放銃。18000の大きな一撃を決めた。

勝利者インタビューでは黒沢は「良いご縁に恵まれて結婚することができました」とサプライズ報告。シーズン通じての目標は「私は私の打ちたい牌を打てるように、強い気持ちで戦います!」と語った。

▲見事多井から18000の直撃!

【Result】
1着 TEAM RAIDEN/雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟) 4万1300点/+61.3
2着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会) 2万7600点/+7.6
3着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU) 1万9400点/▲20.6
4着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会) 1万1700点/▲48.3

「Mリーグ 2019」ついに開幕!! 8チームのプライドをかけた戦いの火蓋が切って落とされる。
開幕戦は、U-NEXT Pirates vs TEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMAS
17時半より開幕式。19時から試合開始。

キャスト

U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ2019 開幕式&開幕戦
【関連記事】
魚谷侑未、昨年の雪辱を果たす!! Mリーグ2019開幕戦はセガサミーフェニックスが制す!!

この記事のタイトルとURLをコピーする