鈴木優が魅せる、想像の斜め上の打牌【Mリーグ2022-23 インターバルコラム】文・徳岡明信

愛する者達の想いを
右腕1本に乗せて生きていく
鈴木優が魅せる
想像の斜め上の打牌

文・徳岡明信

2023年1月30日 第2試合

まずはこの盤面を見て皆さんにも考えて頂きたい。
U-NEXT Pirates鈴木優の親番で終盤に掴んだドラの【東】、あなたなら押しますか?
それとも他家に安全そうな牌を切ってオリますか?

優の選択は如何に。道中の選択も踏まえてお届けしていこう。

ソーズのホンイツ模様の捨て牌の赤坂ドリブンズ村上淳に対して【中】【2ソウ】【3ソウ】と強気に押していき、巡目も考えてここでチーテンを取った優。
12巡目の【2ピン】はスルーしてメンゼンでぶつける気満々であった。

終盤にドラの【東】を掴んだ優。

解説の土田浩翔と実況の日吉辰哉
「これは無理でしょう~」
と口を揃えて言った瞬間の出来事だった。

「うっそぉぉぉぉぉおおおお‼‼‼‼‼」

日吉の絶叫をよそに優は涼しい顔で盤面を見つめる。

優は力強くドラの【東】をぶった切った。
漫画なら間違いなく【東】から煙が上がっている。

実際の村上の手の内はこのようになっている。
ソーズのホンイツ模様の仕掛けだが、狙いは三元牌絡みの大物手狙いであった。

(村上さん、【發】2鳴きで国士からホンイツにシフトしましたよね?
12巡目の2枚切れの【西】小考して切ったからこの時点ではまだ張ってなさそうですね。
これは僕の著書である「1秒で見抜くヤバい麻雀心理術」にも書いてありますしね。
【5ソウ】スルー後の次巡【8ソウ】チーや、15巡目での完全安全牌の【9ピン】の手出し、そして【3ソウ】が4枚見えているにも関わらず最終手出しが【4ソウ】ってことはこの【4ソウ】単独で持っていた可能性が凄く高くて、総合的に村上さんの手牌はドラの【東】を1枚保有していて使い切る為の無理矢理ソーズの染め手というよりは、三元牌絡みの手に持って行った可能性のが高いでしょう)

もちろんこの時点での点棒状況も加味されている。
優3着と村上4着で8000点差がついている。
このまま村上の1人テンパイで親が落ちると4000点差に縮まり4着落ちの可能性がグッとあがってしまう。
この親番を死守する事に大きな意味があった。

そのような立体的な半荘収支も含めて優はドラの【東】を切り飛ばしたのだ。

何百万人が視聴しているこの大舞台で、ここまでの読みを駆使しドラの【東】を切れる人間がいったい何人いるだろうか、いや1人もいなさそうだ。

その押しは時に私たちの想像の斜め上を行く事がある。

まさに「戦闘民族」の名に相応しい押しっぷりであった。

右腕1本で生きていく選択

2022年7月11日
この映像と共に、優の人生が大きく変わる。

新Mリーガー・鈴木優の誕生だ。

2022年に第46期最高位を獲得し、勢いそのままにMリーグの舞台まで駆け上がってきた。
これまでは東海に本拠地を置き、対局の旅に上京する生活を送っていたがついに意を決して東京に拠点を置く事を決めた。

「ポイントゲッター」
そう意気込んで乗り込んだMリーグでの舞台。
実績、練習量、周囲の評価、その全てを自信に変えて挑む優。

優の麻雀の持ち味は何といっても
押しの強さである。
彼のキャッチフレーズにもなっている「戦闘民族」
その名の如く、とにかく闘う。

常人には切れない牌も何食わぬ顔で切り倒す。
ブレーキが外れたように押し続ける。
そこには優が持つ読みの鋭さと極上の押し引きバランスが備わっている事は言うまでも無い。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/