魚谷侑未、 開幕戦以来の2勝目!! フェニックスはまだまだトップ獲ったるど!!




魚谷侑未、
開幕戦以来の2勝目!!
フェニックスはまだまだトップ獲ったるど!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の15日目第1戦は、魚谷侑未(セガサミーフェニックス)がトップを獲得。魚谷侑未は今期2勝目。セガサミーフェニックスは親のハネマンが3度も飛び出す大接戦を制して、4位に浮上。渋谷ABEMASは3位に後退、KADOKAWAサクラナイツが首位となった。

1回戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・藤崎智(日本プロ麻雀連盟)、渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、そして魚谷

南2局、魚谷の親番。トップ瀬戸熊と約2万5000点差の2着目。ピンフ・ドラ1・赤1の先制リーチを入れた魚谷は、2巡後にツモアガって4000オール。

同1本場、魚谷またもピンフ・ドラ1・赤1のリーチをツモアガり、今度はウラを1枚乗せての6000オール! 瀬戸熊を逆転することに成功する。

オーラス1本場、供託リーチ棒が1本という状況。トップ魚谷と瀬戸熊の差は6500。

そして瀬戸熊がタンヤオピンフの先制リーチ! ツモれば瀬戸熊の逆転トップという待ち。瀬戸熊は日向から出たをスルー。ウラが1枚乗れば逆転だが、瀬戸熊はツモに賭けた。

しかし魚谷も、をポンしてテンパイ。待ちは。そしてこのが後がない日向から打たれ、魚谷が1000点のアガリで今期2勝目をものにした。

勝利者インタビューで魚谷は「無心で打ってました。瀬戸熊さんが凄い気迫で突き抜けたので、厳しいなと思いつつも親番で手が入って良かったですと語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・セガサミーフェニックス 5万6300点/+76.3
2着 瀬戸熊直樹・TEAM雷電 4万5500点/+25.5
3着 藤崎智・KONAMI麻雀格闘倶楽部 1万400点/▲29.6
3着 日向藍子・渋谷ABEMAS ▲1万2200点/▲72.2

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +109.7(14/90)
2位 EX風林火山 +109.4(14/90)
3位 渋谷ABEMAS +58.6(15/90)
4位 セガサミーフェニックス +40.5(15/90)
5位 TEAM雷電 +9.8(15/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲77.6(15/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲91.0(14/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲159.4(14/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月24日の対戦は
TEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

キャスト

TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:村上淳
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2019 雷電vsフェニックスvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする