トップを左右するノーテン罰符! シビアな点棒状況の中で掴み取った伊達朱里紗の辛勝【Mリーグ2021観戦記 1/31】担当記者:危険な鬼太郎

トップを左右する

ノーテン罰符!

シビアな点棒状況の中で

掴み取った

伊達朱里紗の辛勝

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2022年1月31日

【第2試合】

東家:小林剛U-NEXT Pirates
南家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ
西家:伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部
北家:多井隆晴渋谷ABEMAS

2回戦のメンツには自団体の最高峰のタイトルを獲得した事がある選手が3人もいる。多井、堀、小林と。

小林に至っては現タイトルホルダーであり、解説の渋川難波も今期日本プロ麻雀協会の最高峰のタイトルである雀王も獲得している。

それ以外にも数えるのがもう面倒なほどタイトルを取りまくっている3者に対し、伊達がどのように立ち向かっていくのか要注目だ。

東2局 親・堀 ドラ【2ソウ】

伊達が絶好の【3ソウ】を引きリーチ宣言!

 

【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】のリーチピンフドラ1の手牌。これに放銃する事になったのが親番の堀。

 

現物が【3マン】【6マン】しかなく、さらに自身の手牌も勝負手になりえるので【8ソウ】が手牌から押し出されてしまった。

 

この堀の【8ソウ】を伊達が捉え、リーチピンフドラウラウラの8000点を打ち取る。1回戦の寿人の裏3を彷彿とさせるウラウラだ。

東3局 親・伊達 ドラ【1ソウ】

比較的真っすぐ打つ印象がある伊達がちょっと捻った打牌をしだす。

 

この手牌、この巡目で【4ソウ】を先切りするとは思わなかった。打【中】としてソウズの伸びと345の天秤を掛けるのかな? と思いきや伊達は手を若干狭める手順を選んだ。

いくら三色ドラドラとは言え、この巡目でカン【4ピン】のターツを固定するのは中々に勇気がいる選択に見える。

次巡、伊達はドラの【1ソウ】を持ってきて

 

これをツモ切り。さっきの【4ソウ】切りと連動させると、この【中】は明らかに他家に絞っているように見える。自分が聴牌するまでは他家の手を進行させないようにする腹積もりか。

しかし次巡、

 

伊達は頭から火が出るほど痛恨のドラの【1ソウ】を引いてしまう。【中】さえ切っていれば三色ドラ4のカン【4ピン】待ちで聴牌だったか…。

さらに2巡後に上家の堀から【4ピン】が切られ、もちろん伊達はこれをチー!

 

世が世ならこのカン【4ピン】で18000の出アガリだったがそんなタラレバを言ってもしょうがない。これで伊達は三色赤赤の【7マン】【9マン】待ちの聴牌。タンヤオにしか見えないので他家から【9マン】は止まらないはずだ。

【中】を重ねていた堀が伊達が切った【中】をポンし、

 

すぐにでも聴牌しそうな、リャンメンリャンメンのイーシャンテンに構える。トップ目の伊達に連荘されてるのも、堀にとって見れば面白くないので蹴りにいく。

伊達が【2マン】を引いて小考し、打【9マン】を選択。

 

【9マン】待ちは絶好だが、【2マン】でアガれればタンヤオに三色も付いて打点も倍増する。【2マン】【5マン】もさほど悪い待ちに見えないので当然の待ち変えか。

そして堀が伊達のアタリ牌である【2マン】を掴む。

 

伊達が聴牌だと読めばもちろんこの【2マン】は止まる牌ではあるものの、伊達は前巡に【9マン】を手出ししているので張っていない可能性が高い。ならば【7ソウ】も伊達の筋で通りそうなので…。

 

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!