ランウェイを突き進め! KADOKAWAサクラナイツ 岡田紗佳はもう絶対に焦らない。【Mリーグ2022-23観戦記10/13】担当記者:ゆうせー

ランウェイを突き進め!
KADOKAWAサクラナイツ
岡田紗佳はもう
絶対に焦らない。

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年 10月 13日

1戦目


東家:鈴木優(U-NEXT Pirates)
南家:松ヶ瀬隆弥(EX風林火山)
西家:岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)
北家:黒沢咲(TEAM RAIDEN / 雷電)

解説 河野直也 実況 日吉辰哉

岡田は苦悶の表情を浮かべていた。

東2局

3件リーチに囲まれてしまったのだ。

真剣な顔だ。

「顔は5200」と自称する岡田。

…1ケタ間違えているのではないだろうか。

どう考えても48000はありそうだ。ならば、ボディーの戦闘力は53万といったところか。

そんな岡田が選んだのは、

【7マン】だった。

対面の優には現物。上家の松ケ瀬にはスジ。

あと1回ツモ番があるので、2枚ある牌を選択したいところでもあった。

「ロン」

声を上げたのは黒沢だ。

倒された手牌を見やる岡田。

リーチ赤。2600点のアガリ。

岡田としては、比較的安く済んでホッとしたところだろう。

落ち着いた表情だ。

試合前、岡田は「自身がポイントを失っても焦らない」と語っていたそうだ。

「チームが勝つことが大事」

去年のレギュラーシーズンは不調に苦しんだが、その経験が試合中の岡田を冷静にさせる。

東3局。親番の岡田は、

【1マン】を引き入れてイーシャンテンに。

岡田はここから、

【赤5ピン】を放った!

対面の優に対して赤牌を逃しつつ、その優の河に安いソウズに狙いを定めた格好だ。

3巡後にテンパイし、リーチをかけた!

一発目のツモは…

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!