伊達朱里紗、オーラス逆転差し切り2勝目!! 麻雀格闘倶楽部、負の連鎖を断ち切る!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

伊達朱里紗、オーラス逆転

差し切り2勝目!!

麻雀格闘倶楽部、負の

連鎖を断ち切る!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の11日目、第1戦は伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。オーラスまでにマンガンツモ圏内につけて、注文通りのマンガンツモで伊達が逆転トップ。個人2勝目、麻雀格闘倶楽部の2連敗の流れを払拭した。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹U-NEXT Pirates小林剛、そして伊達の4名。

東1局、親の園田が北家・瀬戸熊からリーチ・ドラ1・赤1の7700をアガって、園田のリードで試合は開幕する。

その後、小林が2600点・1000オールとアガり、伊達も親番で2000オールのツモアガリを決める。前半は、瀬戸熊だけが半歩遅れを取った形で試合は進行する。

南2局1本場、リーチの小林に追いかけて、一発でドラを捕まえた園田が5200点を加点する。

園田のトップ目でむかえたオーラス、12巡目に伊達がタンヤオ・ドラ1・赤1のカン【4ソウ】待ちをツモアガリ。園田を200点かわしての逆転トップとなった。

伊達はインタビューで、

「めちゃめちゃラッキーでしたね、ハイ。応援、まことにありがとうございました。引き続きこの調子で、KONAMI、トップラスはプラスの精神でがんばっていきたいと思いますので応援よろしくおねがいします」

と語った。

【Result】
1着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 3万4600点/+54.6
2着 園田賢・ドリブンズ 3万4400点/+14.4
3着 瀬戸熊直樹・雷電 1万6700点/▲23.3
4着 小林剛・Pirates 1万4300点/▲45.7

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +376.0(10/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +140.9(11/94)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +44.1(10/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +8.9(11/94)
5位 セガサミーフェニックス ▲15.4(10/94)
6位 EX風林火山 ▲161.2(10/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲193.8(11/94)
8位 U-NEXT Pirates ▲199.5(11/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!