筆舌に尽くしがたい──! 半荘全てで繰り広げられる 多井隆晴、プロのステージ【須田良規のMリーグ2022-23セレクト・11月10日】

渋谷ABEMAS多井隆晴の何が強い、というのは実際一言で言い表しにくい。

4年間のレギュラーシーズンで唯一のトータル1000ptオーバー。
しかし、神がかったスーパープレイが特に目立つといったタイプの選手でもない。

気がつくと──、勝っている。そんな印象を持ってしまうことはないだろうか。

実は何度か多井の麻雀を紹介しようと思うことはあったのだが、
うまく表現することがかなわなかった。

半荘を通して、ずっと、地味に上手い──。

という凡百の言葉しか浮かばないのである。

何か一局を取り上げようとしても、同じくらいの濃度で他の局もよかったりする。

しかし、今回その強さの片鱗を伝えやすい展開があったので、この機会に取り上げてみようと思う。

11月10日(木)の第2試合、まずは東4局である。

5巡目のここから多井は【4ソウ】を切る。
トップ目とはいえまだ2万点台で、普通にアガリを目指してもいい局面であるが、
東家のセガサミーフェニックス茅森早香【7マン】【5ピン】と切っていて、自身の手が間に合うと思えない。

よって字牌を抱えてスリムに進行。

次巡、茅森が【6ピン】もツモ切りしたのをみて、危険そうなソーズを切り飛ばしていく。

途中裏目に見える【8ソウ】を引いたが、
8巡目、【中】が重なってチートイツに決める【8ソウ】切り。

書けば単純な引き気味の麻雀だ。
しかしこの手牌は、普通の進行にしていても違和感はない。
というか、そう打つ方が大多数ではないだろうか。
自然に打てば、

【2マン】【2マン】【赤5マン】【5マン】【3ピン】【4ピン】【4ピン】【6ソウ】【7ソウ】【8ソウ】【東】【中】【中】

このような形になっていて、直後園田にツモ切られた【中】を鳴いて、
【4ピン】あたりの2000点イーシャンテンになることが多そうである。

そしてここからリーチや仕掛けを受けて、安全牌に窮して放銃する・・・、
こんな状況に陥ったことは、誰しもある経験ではないだろうか。

多井は放銃率が本当に低い。
それは当たり牌をビタ止めするような、見た目に派手な結果を量産したわけではない。

“そういう状況”を作らないことが多井の特長なのである。

後半、選択に困る、安全牌に迷う。
そうならないように、終局までの展開を前もって決めておく。

だから多井の麻雀は地味である。

「こんな手から打つわけないだろう」と見る側が思っているときにはすでに、
そういう手に多井自身がしているのである。

配牌オリ、という多井のよく取る選択。それを好まない人もいるだろう。
戦術ではない、つまらない打ち方だと揶揄されることもあるだろう。
実際自分でそう打ってみれば、確かにこんなにつまらないことはない。

しかし多井は──、言葉を選ばず言えば、
麻雀を楽しんでいるわけではない気がする。

全ては、勝つために。
絵合わせではない、ただ結果を残すためだけの麻雀を、苦しみながら貫いているように思う。

9巡目には【3ピン】も重ね、チートイツイーシャンテン。

これが次巡すぐテンパイして、【北】切りリーチ。

さて余談ではあるが、多井の河はチートイツと見えにくいものになっていた。
場況の悪い【5ソウ】【8ソウ】受けを嫌って、【8ソウ】を裏目ったものの、
宣言牌は自身も切っている安全牌の北のメンツ手、といった印象。

もちろん昨今では先切りしてあるその字牌が宣言牌であっても、
チートイツの否定材料にならないことは、誰しも意識している。

ただそれでもこれは誰も止められなかった。

KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎がイーシャンテンで、ツモ切り6400の放銃。

裏ドラが乗ればハネマンになる赤ありチートイツは、Mリーグルールでは相当に強い。
元々受けてのチートイツが得意な多井にとって、相性がいい手役だと思う。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!