【Mリーグ2022-23 特別インタビュー】トップ取りは焦っていない 相手の状況を見て一打一打を冷静に打つ【KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典】

トップ取りは焦っていない
相手の状況を見て一打一打を
冷静に打つ

前半戦を終えて3位と好位置につけているKONAMI麻雀格闘倶楽部だが、昨シーズン個人成績3位と大活躍した滝沢和典にまだトップがないのは、ファンとしては気がかりな点かもしれない。しかし本人は、チームが好調ということもあり、それほど気にはしていない様子。これからMリーグが後半戦を迎える中で、滝沢は自身の経験と実力をフルに生かし、チームを支えていく。

──まず、ご自身とチームの前半戦を振り返ってみて、いかがでしょうか。

自分の成績は振るわないのですが、ポイントほどの内容ではないとは思っています。「あんなに負けなくてもいいじゃん」とは思いますけどね、見る人が見れば「全然ダメだ」と思うかもしれないですけど。

あとは不思議なもので、Mリーグの南家というのがなんなのかと。あの成績はどうなっているんですかね。極端すぎるんですよね。

他のところで東南西北の平均順位を調べても、そんな偏りはまったくないはずです。

だからむしろ、もう南家を引き受けたいとまで思っているんですよね、こうなった以上は。

それでチームの起用が変わるわけではないと思いますけど、一応「僕、南家でもいいですよ」と言いました。レギュラーシーズンはいつの試合でどこの席に座るかは決まっていますので。

──年内ノートップで終わってしまいましたが、焦りなどはありますか。

全くないですね。自分のポイントはちょっと恥ずかしいとは思っていますけど、チームが勝っていますから。

あと、ダメなときの方がやりがいはあると思います。

麻雀って、勝つ人は基本ツイているんですよね。なので、負けているときにどう見せるかが大事だと思います。終わってみてツイていなかったときに、もっとやりようはあった、もっとマイナスを抑えられたと思うところは反省点です。

トップを取るチャンスももちろんありましたけど、難しいやつが多かったです。

──先日の試合でも、【9ピン】を一発でツモらずにトップを狙っていました。
あれは、やりすぎかなとは一応コメントはしましたけど、あのくらいの上下があるものは勝負をかけないといけないかなと思っています。

順位が1つでも上がるなら、アガりはします。それはもちろん、チームが勝っているからですね。

満貫ツモ3位の状況で、裏裏だとトップで、裏裏期待の段階ではないので、裏1でもいいかなとは思っていますけど、【6ピン】でハネ満というコースがあったので、アガりませんでした。実際、3枚あったらしいですね。なかったらどうしようと。

──トップをすごく強く意識しているのかなと思いました。

あのときのツモらずは、それが理由ではないですね。上下が大きすぎるからだということです。

──今シーズンは、高宮まり選手、伊達朱里紗選手が個人成績で4位5位と大活躍されています。見ていて感じるところはありますか。

高宮さんの今シーズン初戦、2戦目くらいは、変えてきたという話は聞いていたのですが、少し「大丈夫かな」という感じはありました。

でも、やりながら自分で修正していったと思うんですね。それがかなりいい方向に向いていますし、紙一重のことをやってはいるんですけど、そのくらいの勝負をかけている気持ちが結果に結びついてるのかな、と思います。

──では、後半戦への意気込みについてはいかがでしょうか。

並びができてきて、最終的にはガチャガチャ荒れ始めると思います。そこで飲み込まれないように、しっかり見極めていきたいです。

チームが負けているから大振りになる選手も出てくるでしょうし、個人成績を意識して大振りになる、打ち方が変わってくる選手もいると思うので、ちゃんと見ておかないといけないと思います。

チームメートにも対局前の整理として、ここのチームはこういう方針でくるんじゃないかとかの話はしつつ、進めていきたいと思っています。

──それと、ファンの方としては早く初トップを取ってほしいと願っていると思います。

それは意識していませんし、麻雀なのでいずれ取るでしょう、という感じです。

本当によくないのは変な意識が生まれて崩れてしまうことなので、それだけはないようにしたいです。

──最後に、ファンの皆さんに向けて、後半戦に向けてのメッセージをいただけますか。

ファイナルには絶対に残りたいです。冷静に1局1局、一打一打を丁寧に進めていければと思っています。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊