Mリーグweeklyダイジェスト【2023 1/30-2/3】

Mリーグweeklyダイジェスト
2023年 1月30日〜2月3日

2月に入り、大和証券Mリーグ2022-23、レギュラーシーズンはいよいよ佳境を迎える。一週間、各チーム4試合を消化していくごとに、刻一刻と状況は変わっていく。中位から下位のチームは、セミファイナル、そして上位との差を詰めていくことをそろそろ意識していきたいタイミング。今週もさまざまな激闘、そして駆け引きが生まれた。

■1月30日(月)

対戦カード:赤坂ドリブンズKONAMI麻雀格闘倶楽部セガサミーフェニックスU-NEXT Pirates

第1試合

 

園田が南2局の親番で、ダマテンから相手の挙動と山読みを生かしてのツモ切りリーチで一発ツモ、ハネ満をアガって大きく抜け出し、トップを獲得。オーラスは滝沢が裏1条件で3位浮上のところでリーチをツモアガるも裏は乗らず。4位で試合を終えている。

1位 園田賢赤坂ドリブンズ)+60.1
2位 魚谷侑未セガサミーフェニックス)+13.4
3位 小林剛U-NEXT Pirates)▲26.0
4位 滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)▲47.5

【観戦記】
「お前たちはまだ戦える──」天はまだドリブンズを見放さない 園田賢に訪れた、メークドラマの兆し(江崎しんのすけ)

 

第2試合

 

寿人が南2局にリーチの東城から満貫を直撃して逆転。そのまま逃げ切って久しぶりのトップを獲得した。初勝利を目指して戦った村上は、東4局の倍満確定リーチも実らず、4位で試合を終えている。

1位 佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)+61.5
2位 東城りおセガサミーフェニックス)+15.8
3位 鈴木優U-NEXT Pirates)▲23.1
4位 村上淳赤坂ドリブンズ)▲54.2

【観戦記】
悔やむのは 明日の笑顔が欲しいから 東城りおが運命に立ち向かった結果(後藤哲冶)

 

■1月31日(火)

対戦カード:EX風林火山KADOKAWAサクラナイツ渋谷ABEMASTEAM雷電

第1試合

 

最短8局、大きなアガリも満貫が1回だけと小場で進んだ試合。本田が一人テンパイなどで巧みに加点していくと、最後はダブ【南】後付けをツモアガって逆転トップ、個人11勝目を獲得した。今シーズン唯一ラスのない選手だった日向だが、ついにここで土がついた。

1位 本田朋広TEAM雷電)+51.5
2位 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)+10.4
3位 松ヶ瀬隆弥EX風林火山)▲12.3
4位 日向藍子渋谷ABEMAS)▲49.6

【観戦記】
8局の電撃戦を数字で語る 止まらない本田朋広のポジティブループ(ZERO / 沖中祐也)

 

第2試合

 

白鳥が東2局3本場に倍満をツモって大きく抜け出す。その後は丁寧に試合を進めてポイントを守り、久しぶりのトップを獲得。いったんは雷電に抜かれて5位に後退していたが、すぐにポジションを戻している。

1位 白鳥翔渋谷ABEMAS)+67.2
2位 二階堂亜樹EX風林火山)+10.6
3位 渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)▲21.3
4位 黒沢咲TEAM雷電)▲56.5

【観戦記】
かつてないほど集中力を研ぎ澄ました白鳥翔(越野智紀)

 

■2月2日(木)

対戦カード: EX風林火山セガサミーフェニックスTEAM雷電U-NEXT Pirates

第1試合

 

接戦となって南場に突入した試合は、近藤が南3局の親番へ瑞原・瀬戸熊との競り合いを制し、満貫をツモって大きく抜け出す。そのまま逃げ切って、今シーズンの個人2勝目を挙げた。

1位 近藤誠一セガサミーフェニックス)+64.8
2位 瀬戸熊直樹TEAM雷電)+0.4
3位 瑞原明奈U-NEXT Pirates)▲20.4
4位 二階堂亜樹EX風林火山)▲44.8

【観戦記】
黄金の左腕が帰ってきた! 打牌で夢を見せてくれる男 近藤誠一 復活の一勝!(ゆうせー)

 

第2試合

 

東1局1本場、瑠美が近藤の5メンチャンリーチとの対決を制して倍満を直撃。東3局の親番では高打点のアガリを連発し、大きなトップを獲得した。連闘でこの試合に臨んだ近藤はマイナスの4位、苦しい結果となった。

1位 二階堂瑠美EX風林火山)+93.8
2位 萩原聖人TEAM雷電)+8.5
3位 仲林圭U-NEXT Pirates)▲24.6
4位 近藤誠一セガサミーフェニックス)▲77.7

【観戦記】
Mリーグいくさ物語 天衣無縫・二階堂瑠美伝(東川亮)

 

■2月3日(金)

対戦カード: 赤坂ドリブンズKADOKAWAサクラナイツKONAMI麻雀格闘倶楽部渋谷ABEMAS

第1試合

 

オーラスを離れたラス目で迎えた松本だったが、起死回生のリーチツモ三暗刻ドラ3裏3の倍満を決め、3人を総まくりして逆転トップを獲得した。親番のたろうは痛恨の親かぶりで4位に。個人はもちろん、チームとしても厳しい結果となった。

1位 松本吉弘渋谷ABEMAS)+51.1
2位 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)+9.0
3位 滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)▲18.3
4位 鈴木たろう赤坂ドリブンズ)▲41.8

【観戦記】
「ミス」から目を背けず、諦めることなく、全てを乗り越えろ!ベストバランス松本吉弘、インタビューで語った「反省」と「幸運」(渡邉浩史郎)

 

第2試合

 

園田は南1局の親番を終えた時点でラス目だったが、その後ハネ満ツモ、3900出アガリと持ち点を回復。オーラスではダブ【南】ドラドラの満貫を堀から出アガリし、トップを獲得した。最後に放銃した堀は、ドリブンズより上位にいる麻雀格闘倶楽部のトップを嫌った格好。終盤戦ならではの駆け引きが生まれ始めている。

1位 園田賢赤坂ドリブンズ)+57.5
2位 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)+13.8
3位 多井隆晴渋谷ABEMAS)▲14.9
4位 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)▲56.4

【観戦記】
追い続ける期待値 尽くし続ける最善 園田賢、伸ばしたその手の先に 光は見えているか(後藤哲冶)

■ピックアップMリーグ

蛮勇か理か──! 麻雀メンタリスト鈴木優、孤高のドラ打ち【須田良規のMリーグ2022-23セレクト・1月30日】

優の視聴者を驚愕させたドラ【東】切りの思考、そして対人競技ゆえの相手の挙動・間合いを踏まえた読みについて書かれている。

 

河野直也が選ぶ『Mリーガー究極の決断』〜これが私の生きる道〜黒沢咲
1月26日の対局で黒沢が見せた、守りながら攻める高打点への見事な手筋が解説されている。

 

■1/30-2/3の結果

この週の勝ち頭は、白鳥・松本で2勝を挙げた渋谷ABEMAS赤坂ドリブンズは同じく2勝を挙げているが2ラスも引いており、急浮上とはならなかった。U-NEXT Piratesは4連続の3位で、100ポイント近くのマイナスとなってしまっている。

■2/6-2/10の注目ポイント

2月6日には、現状の6位〜8位の3チームによる直接対決がある。3日の試合では堀がドリブンズにトップを取らせるような選択を見せたが、サクラナイツとしては、ここで下のチームを叩いておきたい。一方で下位2チームとしては、当面のターゲットであるサクラナイツを引きずり降ろすチャンス。今シーズンの結果を左右しかねない、重要な一戦になりそうだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/