オーラス最終切り番で東城りおに突きつけられた“究極の二択”【Mリーグ2022-23観戦記1/19】担当記者:ゆうせー

渋川の河に注目してみよう。【9ソウ】は現物だが、見方を変えれば【9ソウ】周りを厚く持っていないだろうとも考えられる。

【9ソウ】を切ってしまうと、使いにくくなった【7ソウ】もそのまま押し出されてしまう可能性が高い。

ここは東城、渋川の河から「良い」と踏んだソウズ上でのアガリを狙って、強気な選択に出た。

【1ソウ】【2ソウ】と払い切ったあとで、

ドラを重ねてイーシャンテンに。

そして、

なんとドラがアンコになってのテンパイ! 役アリなので、ダマテンに構えた。

「チー」

渋川も赤を鳴いて前に出る。

次の東城のツモは、

【7ソウ】だった。

東城は、

待ちをシャンポンに変えて、リーチへと踏み切った!

【赤5ピン】のスジになっている【2ピン】が狙い目だ。特に渋川はピンズはもう要らないだろう。【2ピン】を止められないため、直撃が狙える。

もとより照準を合わせていた、【9ソウ】のそばである【7ソウ】も悪くない。

「この手は勝負」と決めたら、リーチに対して積極的な姿勢を見せ続けている東城。

この最終形では、

【2ピン】を一発ツモ!

裏も乗って、リーチ一発ツモ【發】ドラ3裏、4000-8000は4200-8200! 狙って残した【7ソウ】【9ソウ】が活きた、会心のアガリだ。

親かぶりをした渋川を抜き去り、再び東城がトップ目に。

2着目の渋川はもう親がない。

南3局は松ヶ瀬がアガリ、あとはオーラスを残すのみ。

東城の心配ごとは、ただ一つ、

親番を残している松ヶ瀬であった。

オーラスの3巡目、

渇望していたドラの【4ソウ】を引き入れて、

ここで松ヶ瀬は、

【5マン】とした。理由としては【7ソウ】【8ソウ】ターツがタンヤオ確定ブロックではないことが大きい。

こう構えておけば、数巡後にでも【9ソウ】を引いたときには、ペン【3マン】で即リーチにいける。その際には切れている【5マン】が迷彩として活きてくる。もちろんペン【3マン】先引きも物凄く大きい。

ピンズ部分の変化は打【5マン】も打【1マン】【2マン】も変わらない。ここは打点十分な手格好からの、即リーチやダイレクトテンパイを重く見た一打だ。

次巡、

【6ソウ】を引いて、これならタンヤオになるのでペンチャンを外してイーシャンテンに戻す。

次に【6マン】を引いて打【2マン】

そして、

【2ソウ】を引いて単騎テンパイに。

ここは、

【6ピン】とする。

ソウズの多面張はどのみち残るので、

場に安いマンズに色気を持った選択だ。【5マン】を切っているからこそ、引き戻してのテンパイは最高である。
また、こう構えても【4ピン】【7ピン】【5ピン】【8ピン】を引いたときにはノベタンや亜両面に受けられる。

何度も何度も聞いてきた「繊細」という単語。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊