ASAPINの「超頭脳何切る」Q22





押し引き3

南1局。カンsou6-66-90-s-embの満貫テンパイだが、
親のリーチに当たりそうな牌はかなり限定されている。
リーチ宣言牌はsou4-66-90-s-embであり、sou2-66-90-s-embもほぼ完全安牌。pin4-66-90-s-embは押すべきだろうか?
Q22

回答はコチラ





















asappin_color
ASAPINの回答

sou5-66-90-s-emb

最近はネット上でも、残り筋の本数によって危険度を推測するという手法が広まってきています。この問題はまさにその典型パターン。リーチに通っている牌を見ていくと、ソーズはリーチ宣言牌のモロ引っかけ、カンsou7-66-90-s-emb以外はほぼ全て否定されています。あとはドラ単騎くらい。マンズはman5-66-90-s-embが早くに4枚見えており、man1-66-90-s-embman4-66-90-s-embは安全そうです。man6-66-90-s-embより上の牌は通っていないものの、2枚切れのペンman7-66-90-s-embリーチの発生率は低そうで、man6-66-90-s-embman9-66-90-s-emb以外のマンズもかなり通りそうです。
ピンズは先切り気味のpin3-66-90-s-embで少しpin1-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin5-66-90-s-embの発生率が下がっており、pin4-66-90-s-embpin7-66-90-s-emb以外は本命とまでいかない対抗といったところでしょうか。といったことをまとめると、本命:pin4-66-90-s-embpin7-66-90-s-embman6-66-90-s-embman9-66-90-s-emb カンsou7-66-90-s-emb対抗:pin1-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin5-66-90-s-emb大穴:ペンman7-66-90-s-embドラ単騎その他愚形となります。その中でも本命と対抗にそれぞれ待ちが存在するpin4-66-90-s-embは最も危険な牌ですね。通常満貫テンパイは何も考えずに押してよいケースがほとんどですが、これほど極端であればオリ切れる場合はオリ有利となるかと思います。

ASAPINの自信度 80%

 

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です