言葉ではない、見ればわかる!猿川真寿・前原雄大、進化し続けるボディ麻雀に刮目せよ!【麻雀最強戦2023 最高勝率決戦 A卓】観戦記 担当記者:渡邉浩史郎

言葉ではない、見ればわかる!
猿川真寿・前原雄大、
進化し続ける
ボディ麻雀に刮目せよ!

文・渡邉浩史郎(2023年3月26日)

誰だ!?

今年もいよいよ始まった、麻雀最強戦!

 

 

今年はスタジオのデザインも今までとは趣向が違う。

「スタイリッシュ」「シンプル」「セトクマ」の”3s”をテーマに、まるで檻のような舞台に。

今年も多くの熱戦がこの卓内で繰り広げられることだろう。

さて、開幕となる本日のタイトルは……

最高勝率決戦!!

その名の通り、歴代最強戦での勝率の高いメンバーを集めたグループ。

そのため、集められたのはファイナルかと見紛う面々だ!

A卓からは

最速最強、多井隆晴

もはや語るまでもない。事前に行われたTwitterアンケートでは圧巻の1位!

しかしもう一つ注目すべきは二番手に付けたこの男。

ガツガツ行くアフロ、友添敏之!

最強戦出場回数では他の三人に大きく後れを取りながらも、昨年は最強位一歩手前まで迫った。

溢れるセルフプロデュースと確かな実力で、注目の二番手に躍り出た!

モンキーマジック、猿川真寿としては人気四番手のこの位置はいささか不服か。

最強戦では数多くの逆転劇を見せてきた猿川。それを証明するかのように、一人勝ち上がり時の勝率は50%を超えている。

今年はどんなモンキーマジックを見せてくれるだろうか。

そしてそんなアンケートなどどこ吹く風、ただ目の前の麻雀に向き合うだけという面持ちなのが

麻雀閻魔、前原雄大

昨年も開幕戦で早々にファイナル行きのチケットを勝ち取り、そのまま決勝まで進んだ。

今年も瀬戸熊が待つファイナル一番乗りとなるか。

選手が入場してきた檻の扉は閉まり、錠は下ろされた。

中に取り残された怪物4匹、次にここを出るときは2匹になっている。

早速対局を見ていこう。

【東1局】

開局、先制したのは猿川。対子の多い手がそのまま七対子ドラ単騎の聴牌になり、即リーチだ。

ここに立ち向かう姿勢を見せる多井。【2マン】【7ソウ】と通っているが、ここは親番ということもあり通りそうとはいえ無筋の【5ピン】を切っていく。

次巡、【4ピン】を引き入れてのイーシャンテン。ここは自分で通した【2マン】切りかと思われたが……

多井が切ったのは【6マン】! 確かに【5マン】は二枚見えだが、【6マン】は猿川にまったく通っていないところ。

しかし猿川の河はかなり変則的な切り出し。ただの早い面子手の可能性もあるが、多井の目からは【7ソウ】【5ピン】といったノーチャンス・ワンチャンスの情報が多く見えている。

面子を構成する牌の種類が少なく、対子手が本線と考えれば【6マン】は通しやすい。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/