KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典、赤坂ドリブンズ・丸山奏子が勝ち上がり!!【Mトーナメント2023 予選1stステージ C卓】

KONAMI麻雀格闘倶楽部・

滝沢和典、

赤坂ドリブンズ・

丸山奏子が勝ち上がり!!

「Mトーナメント2023 予選1stステージ C卓」、第1戦は滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。第2戦は丸山奏子赤坂ドリブンズ)がトップを獲得。この2名が1stステージを勝ち抜いた。

滝沢と矢島がともに3回のアガリをものにして、デッドヒートに。

南2局に、ピンフイッツー・ドラ2の親マンガンを丸山から仕留めた滝沢に軍配が上がった。

滝沢はインタビューで、

「うれしいですね。2戦しかなくて、だいたいどっちかでトップ取ったほうは、2人1回ずつ取るかもしれないし、1人でトップ取るかもしれないですけど、1回は必要なんでうれしいです。(2戦目は)こないだ忍田さんが見せたような、なるべく役アリの手を組んで致命傷を負わないという打ち方になると思います」

と語った。

【第1試合結果】
1着 滝沢和典 4万7300点/+67.3
2着 矢島亨 4万4600点/+24.6
3着 魚谷侑未 1万300点/▲29.7
4着 丸山奏子 ▲2200点/▲62.2

第2試合オーラス、滝沢が勝ち上がりをほぼ確定させ、焦点は2番手争いに。現状、滝沢と同点トップの魚谷はアガればOK。矢島は魚谷を2着以下に沈めれば勝ち抜けのため、1000点仕掛けに走る。第1試合箱ラスの丸山は1300・2600のツモアガリが必要。

ピンフ・赤1をリーチした丸山、ツモれば条件クリアだがこれに矢島が一発放銃。8000点の出アガリでもOKのため、丸山が2位勝ち抜けとなった。

丸山はインタビューで、

「今日は通貨できてとてもうれしいです。また次の出番に向けてしっかり準備をして挑みたいと思います

と語った。

【第2試合結果】
1着 丸山奏子 3万1200点/+51.2
2着 滝沢和典 2万9200点/▲0.8
2着 魚谷侑未 2万9200点/▲0.8
4着 矢島亨 1万400点/▲49.6

【Total】
1着 滝沢和典 +66.5
2着 丸山奏子 ▲11.0
3着 矢島亨 ▲25.0
4着 魚谷侑未 ▲30.5

Mトーナメント2023 予選1stステージ C卓D卓

Mトーナメント2023 予選1stステージ C卓D卓

6月15日(木) 15:00 〜 6月16日(金) 00:00

詳細情報
Mリーグ初の冠企画「Mトーナメント」開催!団体推薦者20名の麻雀界のトッププロ雀士計52名による個人トーナメント戦
Mリーグ初の冠企画「Mトーナメント」は、現Mリーガー32名と、元Mリーガーの和久津晶、第39期鳳凰位のHIRO柴田、第47期最高位の竹内元太、第21期雀王の浅井堂岐ら、団体推薦者20名の麻雀界のトッププロ雀士計52名による個人トーナメント戦になります。「Mリーグ2022-23」の優勝チーム4名は、ベスト16からシードスタートで参戦いたします。本企画の対局ルールは、「Mリーグルール」を採用し、2半荘で、2位勝ち抜けの個人トーナメント戦で行います。

キャスト

【C卓】
丸山奏子vs魚谷侑未vs滝沢和典vs矢島亨
実況:椿彩奈
解説:浅井堂岐
レポーター:伊藤友里
【D卓】
本田朋広vs岡田紗佳vs阿部孝則vs関翔太郎
実況:小林未沙
解説:醍醐大
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

Mトーナメント2023 予選1stステージ C卓D卓

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \Mリーグほぼ毎日4コマ 最新③巻 好評発売中!!/