松本吉弘、オーラスの大逆転!! 上位戦線をにらんで土俵際で踏みとどまる!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

松本吉弘、

オーラスの大逆転!!

上位戦線をにらんで

土俵際で踏みとどまる!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の43日目、第1戦は松本吉弘渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。僅差で迎えたオーラスを制した松本が、3着からトップへの逆転勝利。松本は5勝を勝ち取って、ABEMASはポイントを3桁の大台に乗せた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうEX風林火山松ヶ瀬隆弥KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典、そして松本の4名。

松本のトップ目で迎えた東3局、親の松本がダブ【東】・ドラ2のテンパイ。そこに鈴木と松ヶ瀬がリーチで攻める。同巡に滝沢もテンパイ。全員テンパイの決着は鈴木の一発ツモ。赤1の2000・4000で鈴木がトップ目に立つ。

南3局、松ヶ瀬と滝沢の2人テンパイで流局。テンパイ料で滝沢がわずかにトップ目に。

オーラス1本場、3着目の松本の先制リーチにラス目の松ヶ瀬が追いかける。結果は松本のツモアガリ。赤1の1000・2000で鈴木・滝沢を捲くっての逆転勝利。

松本は今季5勝目を獲得し、ABEMASはポイントを3桁に伸ばした。

松本はインタビューで、

「ウチの日向選手が初トップを取って僕と白鳥が負けちゃったんですよね。ここからズルズル行くか(麻雀)格闘倶楽部さんがばーっ行った後に負けたみたいに、どうなるかわからないんで、ここ食い止められれば上位戦線で踏みとどまれるかなというところだったので、うれしいトップになりました」

と語った。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 3万400点/+50.4
2着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 2万9200点/+9.2
3着 鈴木たろう・ドリブンズ 2万8800点/▲11.2
4着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 1万1600点/▲48.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +247.3(36/96)
2位 EX風林火山 +231.0(39/96)
3位 U-NEXT Pirates +226.7(38/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +134.4(37/96)
5位 赤坂ドリブンズ +122.2(39/96)
6位 渋谷ABEMAS +109.2(39/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲97.4(38/96)
8位 BEAST Japanext ▲433.2(38/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲540.2(36/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀 格闘倶楽部vsABEMAS

11月30日(木) 19:00 〜 12月1日(金) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀 格闘倶楽部vsABEMAS

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/