高宮まり、ベルセルクの大爆発!! 5和了を決めて麻雀格闘倶楽部に新年初勝利!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

高宮まり、

ベルセルクの大爆発!!

5和了を決めて麻雀

格闘倶楽部に新年初勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の67日目、第1戦は高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。12000・8000・18000と大物手をたくさん成就させた高宮が6万点越えの大トップ。麻雀格闘倶楽部に2024年の初勝利を持ち帰った。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ渡辺太KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして高宮の4名。

東2局1本場、8巡目にカン【7ピン】のテンパイを拒否した南家の高宮が、4巡後に高め456サンショクピンフ・ドラ1・赤1をテンパイ。【4マン】【7マン】待ちの安めながら【7マン】を一発ツモ。3000・6000のアガリで試合の主導権を奪う。

高宮は、南1局にはカン【8ピン】待ちの5巡目リーチを一発ツモ。ドラ1の2000・4000でリードを広げる。

さらに南3局1本場、配牌で赤2のチートイツイーシャンテンの手をもらった高宮は、【1ソウ】【4マン横向き】と切ってリーチを宣言。一発目に魚谷がトイツの【1マン】に手をかけると【1マン】単騎待ちにストライク。18000点のアガリを得て6万点オーバーの大トップ。高宮は個人3勝目、そして麻雀格闘倶楽部に2024年の初勝利をもたらした。

高宮はインタビューで、

「なかなかトップとか取れなくて、連対もなかなかできない中で、みんなでとにかく元気で頑張ろうっていう空気を作ってくれたんで、それに応えられてうれしいなと思います」

と語った。

【Result】
1着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 6万3200点/+83.2
2着 堀慎吾サクラナイツ 2万5000点/+5.0
3着 渡辺太・ドリブンズ 1万3800点/▲26.2
4着 魚谷侑未・フェニックス ▲2000点/▲62.0

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +460.1(58/96)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +402.1(59/96)
3位 赤坂ドリブンズ +230.7(59/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +211.4(59/96)
5位 渋谷ABEMAS ▲16.0(60/96)
6位 EX風林火山 ▲90.4(60/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲341.7(60/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲406.0(59/96)
9位 BEAST Japanext ▲450.2(58/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラ ナイツvs麻雀 格闘倶楽部vsフェニックス

1月18日(木) 19:00 〜 1月19日(金) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:朝倉康心
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラ ナイツvs麻雀 格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/