『気持ち』が生命線〜瀬戸熊直樹の思いが呼び寄せた快勝劇【Mリーグ2023-24観戦記 3/5】担当記者 千嶋辰治

『気持ち』が生命線
瀬戸熊直樹の思いが
呼び寄せた快勝劇

文・千嶋辰治【火曜臨時ライター】2024年3月5日

第1試合で痛恨のマイナスポイントを計上してしまったTEAM雷電
この試合を落としてしまうと、カットラインが大きく遠のいてしまう。

ここで登板するのは、頼れる兄貴。

瀬戸熊直樹だ。

「本田が珍しく落ち込んでいたので、昨年頑張った本田を元気にしなきゃと思う気持ちが一番強かったのと、ここでマイナスになると一気に崩れる可能性があるので、とにかく集中しようと思っていました。」

私からの取材に対し、対局室に向かう心境をこう語った。
チームのため、ファンのため、そして何よりかわいい弟分のために、瀬戸熊は牌と向き合う。

第2試合

東家:二階堂亜樹EX風林火山
南家:小林剛U-NEXT Pirates
西家:瀬戸熊直樹TEAM雷電
北家:多井隆晴渋谷ABEMAS

東3局
多井が好配牌を手にする。

さらに【赤5ソウ】を引き入れて早くもイーシャンテン。

567の三色も見えており、スピード、打点ともに申し分ない。

対して、親の瀬戸熊。

【2マン】が暗刻になったが、スピード、形ともに多井に遅れをとる手格好。

さすがにこの局は多井の独壇場か… と思われたが、有効牌を引けずに足踏み。
その間に親の瀬戸熊が【9マン】を2枚引き入れて先制リーチ。

同巡、悲劇に見舞われたのが小林。

【3ピン】【4ソウ】のくっつきテンパイの形。
そこへドラを重ねて役ありテンパイを果たす。

しかし、これは親リーチの一発目。
小林は場を見渡すが、親の河にローリングできそうな情報は見当たらない。
ならば…

意を決して【4ソウ】を打ち出すが、これが瀬戸熊のリーチにストライク。
そして、

裏ドラがなんと暗刻の【2マン】
一発と裏3で18,000点の和了となった。

瀬戸熊の和了形をしばらく眺めた後、「はい」と返事をして点棒を支払う小林。
その姿に動揺の様子が見られないのはさすが。

対して、後が無い雷電にとっては嬉しい和了となったが、注目すべきは次局の東3局1本場

ドラは【8ピン】

第1ツモで【1マン】を重ねてイーシャンテンとする瀬戸熊。
ピンズの西ヨーロッパ(2・4・6・8)から、ドラの【8ピン】が使えるようにと【2ピン】を離す。

そして、この局のドラマ。
きっかけは小林のアンカンから。

この形から【6ソウ】をアンカンした小林。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/