「誰よりも眩く」それは輝きを競った星の子たちの宴 見るものの目に焼き付けられた閃光【女流新スター決戦】観戦記【決勝卓】文:渡邉浩史郎

「誰よりも眩く」それは
輝きを競った星の子たちの宴
見るものの目に
焼き付けられた閃光

【決勝卓】担当記者:渡邉浩史郎 2024年3月17日(日)
決勝卓
中田花奈 (日本プロ麻雀連盟)
原えりか (日本プロ麻雀連盟)
小宮悠  (最高位戦日本プロ麻雀協会)
安藤りな (日本プロ麻雀連盟)

最強戦Group LEAGUE 1 女流新スター決戦 決勝

A卓からは小宮・原。B卓からは安藤・中田がこの決勝に駒を進めた。

今年もいよいよ始まった最強戦。
面白くならなかったことがないとまで断言できるその初日を飾ったこの女流新スター決戦だが、そのタイトルの名の通り、待っていたのは新スター達のまばゆいまでの瞬きであった。

「晴れやかな負け」七彩の雪月華は悔しさをばねに躍動する

間違いなくこの半荘一番苦しんだのは安藤その人だったであろう。

【東1局】、当然の親リーチで先制をするも、追いかけてきた小宮に8000の放銃。一人抜けの決勝において貴重な1回目の親番がこの結果というのは余りにも辛い展開だ。

【東3局】、半荘通して唯一の勝負手はこの一気通貫ドラドラの聴牌のみ。
小宮が走る中でのラス目。山に悪くはなさそうだしリーチツモの跳満を狙いに行くか、二人がツモ切りそうな上に原や中田のリーチが来れば小宮からの直撃で盤面を振り出しに戻せる和了率優先のダマテンか。

ダマテンを選択した安藤。トップ取りの決勝、様々な考えが頭をよぎっただろう。

結果はダマテンゆえに、小宮に【5マン】を通されての和了りを許すこととなってしまった。

これが悔いの残る唯一の選択。打開の手も入らないまま4位となったが、試合後のインタビューで安藤はこのゲームを「ミスなく打てた」「晴れやかな負け」と称した。

この最強戦、この決勝の舞台、ラスを引いてしまえば、それは自身の咎が原因であると思いがちだ。
そのこと自体はなにも悪いことではない。しかし明るく笑った安藤からはこの舞台においても麻雀の理不尽を受け入れていける、そんな精神的な強さを感じさせられた。間違いなく彼女は今後もこのステージに躍り出てくることであろう。

安藤りな 4位

「こと未だ成らず 小心翼々 こと将にならんとす 大胆不敵」

安藤とは対照的に、インタビューで後悔を語ったのは中田。

「ふわっと放銃してしまった。」

【東4局】、ラス目の安藤のリーチが入り、【4ソウ】対子落としで小宮に2900放銃となった局面。

確かに小宮はリーチの一発目に【5ソウ】を押している。前巡、中田がリーチ一発目に切った【4ソウ】が鳴かれていないという要因こそあるが、もう少し時間を使っていい局面だったと中田は後悔を口にした。

「こと未だ成らず 小心翼々」
純卓のインフルエンサーとして間違いなく多方面に麻雀を引っ張っていくスーパースター。
自らを「まだまだ」、未だ成らずと表現した彼女だからこそ、勉強・研究・反省のもとにさらなる伸びしろを持って、我々の前にその進化を見せてくれることであろう。

「こと将にならんとす 大胆不敵」
ことを成さんとする運命も、それを活かす大胆不敵さも既に持ち合わせているのだから。

中田花奈 3位

白き翼のダークホース 空を掛けたペガサスの輝きは

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/