ASAPIN監修「天鳳位何切る」Q28





各者点差が開いた3着目。
まだ仕掛けやリーチは入っていないが煮詰まってきていそうな場面。
完全イーシャンテンに受けるか、安全牌を残すか?

Q28

回答はコチラ





















asapin_151016

ASAPINの回答

pin7-66-90-s-emb

他家にリーチや仕掛けはないものの、捨て牌はかなり濃くなってきており、いつ攻撃が飛んできてもおかしくありません。ダマテンもありそうです。

pin5-66-90-s-embpin8-66-90-s-embの枚数はかなり薄くなってきており、その分pin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embが強くなっている場。縦横にフォローを入れられるのであれば入れたいところですが、さすがにこの局面で安全牌をなくしてたイーシャンテンに構えるのはリスクが大きすぎるように感じます。

となると縦横どちらかを外すかの選択ですが、トイメンはこちらの仕掛けに受けている模様。下家は先程pin4-66-90-s-embを通してから手替わりがないので、今のうちにpin7-66-90-s-embを処理しておきたいです。

一応ドラを引けば3900点、赤であれば8000点というイーシャンテンではあるので、手を安くしてpin6-66-90-s-embを切るのは少し消極的に感じます。

その後不穏な状況になるようであれば、ji3-66-90-s-embを切るかpin9-66-90-s-embを対子落としするかで回り、最終的にテンパイを取れれば御の字という形で慎重に進めたいです。ドラを引けば勝負になりますが、現状この程度の手でラフに放銃することは避けたいです。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • 麻雀店検索サイト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です