麻雀最強戦2019男子プロ代表決定戦「悪魔の逆襲」観戦記【決勝卓】白鳥、多井、猿川、勝又、4人の命を削った真夏の夜の全21局




麻雀最強戦2019

男子プロ代表決定戦

「悪魔の逆襲」

白鳥、多井、猿川、勝又

4人の命を削った

真夏の夜の全21局

【決勝卓】担当記者:masasio 2019年8月25日(日)

真夏のピークが去った―

立秋を過ぎ、夜になると秋らしい風が吹くようになった。

虫の声も、セミから鈴虫に変わってきた。

今年の夏ももう終わりか。

それでもいまだに街は落ち着かないような顔をしている―

そう、まだ夏は終わらない。

熱い闘いが残っている。

 

勝ち上がったのはこの4名

予選A卓1位

多井隆晴!!

 

予選A卓2位

猿川真寿!!

 

 

予選B卓1位

勝又健志!!

 

 

予選B卓2位

白鳥翔!!

この4人はもう紹介は不要だろう。

実力、実績ともに充分な4名の組み合わせとなった。

ただこの中では白鳥だけがファイナル進出の経験がない。

難敵を下してファイナルへの切符を手にすることができるか、注目したい。

白鳥→猿川→多井→勝又の座順でゲームスタート!!

東1局は多井の300/500のツモアガリで静かな立ち上がり。

続く東2局、猿川の親番で試合が動く。

まずは北家勝又が4巡目にをポンして早くもマンガンイーシャンテン。

 この仕掛けに対抗したのが親の猿川

メンゼンでイーシャンテンだったが、ポンしてタンヤオに向かう。

気付きにくい仕掛けだったがこれが好判断。

をチーして・・・

カンを引いてテンパイ!

を切って高めのドラなら12000のテンパイを果たした。

あのままメンゼンで進めていてもドラ1のカンチャンリーチがせいぜいだっただろう。

 一方勝又もをポンしてテンパイ。

高打点対決を制したのは・・・