小林剛、痛恨の大逆転負け!! Mリーグ開幕戦は園田賢が制す




小林剛、痛恨の大逆転負け!!

Mリーグ開幕戦は園田賢が制す

10月1日。この日は麻雀の歴史に残る1日となった。

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」の開幕式・開幕戦がに行われたこの良き日、注目の第1戦は赤坂ドリブンズのドラフト1位選手・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)が、トップを獲得した。

開幕戦の対局者は、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)、TEAM RAIDEN/雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)、そして園田、とドラフト1位選手4人の激突となった。

各チーム、開幕戦のトップには特別な思い入れがあることだろうことは想像に難くない。

そしてもう一つの注目材料、初アガリは誰のものになるのか!?
答はこの男が出してくれた。

東1局、園田が・ドラ1で2600点を決めると、パブリックビューイングの会場では、早くも赤坂ドリブンズサポーターから大歓声が沸いた。

しかし抜け出したのはこの男・小林剛だった。
南1局。親番・小林が5連続でアガリを決め、7万点オーバーにまで点棒を積み重ねる。さすがにトップは決まったかと思われたが、他のメンバーにも1位指名の意地がある。

南3局に園田が、親番でメンホン・・ドラ3の18000点を小林から直撃し、僅差ながら一気にトップ目に立つ。

そしてオーラスでも自ら自風のの中付けでアガリ切り、開幕勝利をもぎとった。
園田は、勝利者インタビューで「緊張してガチガチだったが、とりあえずひと安心しました」と答えた。

ドラフト指名も1番手、アガリを決めたのも1番目、そしてトップも1番手。1番尽くしの男が赤坂ドリブンズの初陣を見事に飾った。

▲大逆転を果たした園田の5巡目テンパイの18000!

▲小林剛が感情を顕わにした貴重な瞬間!

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会) 4万2900点/+62.9
2着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合) 3万8400点/+18.4
3着 TEAM RAIDEN/雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟) 1万6700点/▲23.3
4着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟) 2000点/▲58.0

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ2018 開幕式&開幕戦
【関連記事】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」