最速最強の鬼モードへ…多井隆晴がついに拳を握りしめた【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Fri】

最速最強の鬼モードへ…

多井隆晴がついに

拳を握りしめた

文・ゆうせー【金曜担当ライター】2018年11月23日

RTDリーグ、麻雀プロ日本一決定戦、麻雀駅伝、そしてこのMリーグと、麻雀業界に大革命を起こしたアベマTV。

 

最初は「寛平ちゃんのギャグみたいな名前だな」と思ったものだが、今やすっかり耳に馴染んできた。

 

その母体であるサイバーエージェントのチーム、渋谷ABEMAS。開幕から首位をひた走ってきたが、ここにきてやや失速模様。

 

現状3位。盛り返しを図るため、今日は1戦目からチームリーダーの多井を起用してきた。

 

トータルポイントは現在首位。ラスも1回だけ、と非常に安定した成績だ。

 

ところで、この成績表の「4位回避率」がデータとして分かりにくいと感じる。

「4位率」としてしまうと成績の悪さがダイレクトに伝わってしまうことからの、いわば苦肉の策だと思うが、4位回避を競うゲームでもないのでどことなく違和感がある。

 

着順の安定感を表す指標であれば「平均順位」を採用したらいいのではないだろうか。

 

多井の入場シーンがこちら。

 

ブレているのはカメラのせいではない。多井が入場時にファイティングポーズをとったからだ。今日の多井は気合が違う。リーダーとしてチームを盛り上げるため、この試合に賭ける意気込みを感じる。

 

1戦目

 

東2局

東1局に8000を多井に放銃した小林。5巡目の選択がこちら、

 

この打の狙いは、と立て続けに切ることで、待ちをぼかして待ちになったときにアガリやすくすることだ。

 

逆にをここで切らずに、数巡後に切ると

を切っているのにを持っていたということは、は関連牌だな」

と読まれてが一気にアガりにくくなってしまう。読み精度の高いメンツではこの続け切りが有効になってくる。

 

一方、6巡目の多井の手牌、

 

こちらもこの手格好から、

 

としている。

 

理由としては、は重ねたら仕掛けが効くという攻撃面と、安全度が高いという防御面の両睨みでキープ。

は234の三色。

はメンツ候補。

というように、他の牌にそれぞれ役割があるからだ。守備的側面だけでなく手組の幅を狭めないための保留の先切りと言える。

 

このように、メンツレベルが最高峰のMリーグでは先切りの出現頻度が高い。

 

それを踏まえて、この局終盤にリーチがかかった小林の河を見てみよう。

 

(ドラ    の前巡にを切ってチーされています)

 

と切ってリーチだ。ドラがなので、

とあるのならドラを使い切るために

は先切りされるはず。だから…

 

一発のタイミングだったが、多井は光の速さでを切った。今挙げた読みに加えて、自分が小林の現物待ちのでテンパイしておりアガリが相当期待できること、親番であることも理由だろう。

 

「ロン」

 

これが小林へ、メンタンピン即ドラの8000放銃となる。

 

実際は、

 

を引き入れての三面張変化だった。

 

読みを入れても、それに当てはまらないこともままある。チームのためにもトップが欲しい多井にとっては痛い放銃となったが、後悔は微塵もないはずだ。

 

東3局

 

今日の多井は、なんせ一味違う。

 

7巡目に先制リーチを打ったが、

 

なんとカン待ちのリーのみ。

 

①他家の河がまだおとなしい

②ドラが使いにくい

 

という理由はあるだろう。手変わりも多くないため、リーチの選択自体は珍しいものではない。

 

しかし、重厚な手作りと鉄壁の守備の印象が強い多井。子での愚形リーのみを打つのは意外な選択に思える。

 

思うに、この選択は「多井は子で安手愚形リーチをしてこない」という他チームの既成概念をぶち壊すためのものではないだろうか。

 

リーグ戦も折り返し。各チーム、ライバルの分析が進んでいる頃だ。ここらで「あれ?こんなこともしてくるの??」と思わせておいて、相手をやりにくくさせるのが狙いではないか。

 

引き出しの多い、変幻自在な多井だからこその作戦だと感じる。

 

しかし、このリーチに本日シャークモードの魚谷が牙を剥く。

 

メンタンピン赤。アガれば満貫からの追っかけリーチだ。

 

さらには、

 

小林コンピューターも『2件無筋を切って追っかけリーチ』の結論をはじき出してくる。こちらはリーチドラ3の手だ。

 

普段はこういう不測の事態に備えて、安手の愚形リーチを打たない多井。ものの見事に裏目を引いてしまう。

 

勝負の行方は…

 

「ツモ」

 

なんと多井のツモアガリ。裏ドラも乗せて、1000-2000とリーチ棒2本の収入となった。

 

これは嬉しい、と思いきや…

 

多井はこの表情。

 

Mリーグ開幕から徹底して、多井は試合中に喜びの表情を出さないようにしている。いい手のときも、悪い手のときも、押しているときも、オリているときも、ほぼ同じ。まるで放銃したかのような「嫌そーーーー」な面持ちだ。

 

麻雀は対人ゲームだ。みなさんも経験があると思うが、しぐさや表情がキズになってしまうことも多い。

 

表情から読み取れる情報をシャットアウトするこの多井の姿勢に、「勝負師」としてMリーグに臨んでいる強い覚悟を感じる。

 

少し話がそれるのをご容赦いただきたいが、Mリーグ解説のときの多井は真逆だ。努めてTPOに合った喜怒哀楽を出して、番組を盛り上げようとしている。

 

また、解説のアプローチも毎回違う。「今回は真面目に技術解説を多くしよう」「今日はギャグ多めで明るくいこう」など、毎回テーマを決めているのだと思う。

 

Mリーグが始まってみなが試行錯誤している中でも、業界第一人者として、多井は人一倍努力と研究を重ねているのが伝わってくる。

 

これほど試合中と解説でギャップがあると、「いったい本当の多井は明るいのか暗いのか、どっちなんだろうか?」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれない。

 

ちなみに私が2年ほど前に、とある番組の控室でご一緒させていただいたときには、

 

『ローストビーフってさー、肉がうまいんじゃなくてタレがうまいんだよねー、タレが』

 

と言いながら、対局前の食事の時間もずっと喋ってらしたのを覚えている。きっと試合中を除けば明るい方なんだろう。

 

ローストビーフは肉が美味しいんだとは思うが。

 

…対局に戻りましょう。

 

東4局

 

親番の魚谷、7巡目に、

 

ドラを切って、くっつきの広いイーシャンテン。

 

これに対して、即座に対応した多井、

 

をツモるやいなや、を河に並べる。

 

危険を敏感に察知して、守備駒を確保。この半荘、積極的に進めることの多かった多井、持ち味のデイフェンスももちろん健在。多井の速度スカウターは正確だ。

 

南1局

 

親番で挽回したいラス目の小林、

 

第一打に役牌のを切ってくる。

 

それを南家の多井が一鳴き。

 

その3巡後、多井の手が止まる。

 

はドラ表示牌、打点アップのためには残したい。かと言って、の形は良形を作るタネだ。どうする…

 

悩んだ末、多井の出した答えは、

 

リャンシャンテンに戻す、打

 

ラス目の親である上家の小林は、南を第一打に切った後、ストレートに手を進めてきている。濃い数牌のも切り出されているので、臨戦態勢にあることは読める。

 

3着目の自分は、点棒状況的に親が来たとき戦わなくてはならないことが多い。しかし、のちのち勝負をするときに愚形が残っていたら、不利な勝負を挑まなくてはならない。

ここでのカンチャンを払って、の良形くっつきを期待する一打だ。

 

また、この打にはもう一つメリットがある。

 

続けてが切れるので、このように安全牌を持つこともできるのだ。

 

さぁ、どうなるか…

 

「チー」

 

小林の切ったをチー。多井の狙い通りに良形ターツが出来上がった。を残せばドラをキャッチすることもできるが…

 

多井は打

 

先ほども触れたが、いつ小林から火の手が上がるか分からない状態。ドラ表示牌を浮かせるのは守備的に不安定だ、との判断だろう。

 

そしてついに、小林から満を持してリーチの声がかかる。

 

(盤面図の白い牌は手出し、網掛けの牌はツモ切りです。)

飄々とした表情のリーチだ。高いのか…安いのか…

 

そして、

 

多井にも待ちのテンパイが入る。

 

しかし、自分の手にドラは無し。どこまで押せるのだろうか…

まず、手元にやってきたのは…

 

と入れ替えて押せるか…?

 

この時点では、まだ通っていない牌も多い。リーチ前にが切られていることからも…

 

ここはまずワンプッシュ。無事通過。

次にを引くが、

 

これもノータイムで押し。

 

小林にツモられると自分がラスになる可能性が高い。良形でテンパったここは勝負どころだ。

 

しかし、多井のアガリ牌58pはなかなか姿を見せない。小林に通った牌の種類も増えてきた。

 

「頼む…ツモれ…」

 

念をこめて引いた牌は、

 

なんと、ドラの

 

盤面を見て考えてみよう。

 

残っている筋は、

、 

 

仮に両面のリーチだとしたら、5分の1の確率で放銃する牌だ。

 

しかも、ドラで打った場合、傷は浅くはないだろう。

 

多井もさらに「嫌そーーーーーー」な表情になっている。

 

これは厳しい、回るか…

 

日本中がそう思っただろう。

 

意を決した多井の選択は、

 

…押した!そして通った!!

 

確率で考えたら危ない。そんなこと、多井は分かってるに決まっている。

 

「ここでオリたらABEMASの浮上はない」

 

多井はそう思って押したのではないか。

 

チームを再び勢いづけるため、ここは負けられない。剣が峰だと決めて多井は勝負に出た。

 

麻雀は数字のゲームだ。しかし、麻雀を数字で閉じ込めてはいけない。

 

数字を超えたところにあるものを多井はつかみにいったように思えた。

その次の巡目、

 

小林の手からが零れ落ちた。

 

大きな大きな3900のアガリ。

 

さすがの鉄仮面多井もこの表情。

 

パブリックビューイングの熱気も最高潮に。このままABEMASが再び旋風を巻き起こすか、と思えた。

が、このあと多井に全く手が入らない。1戦目はこのまま3着。連闘した2戦目はまさかのラス。試合後の多井は、悔しくて泣いていたそうだ。

チームを引っ張る多井が乾坤一擲のアガリを決めても、そう簡単には浮上出来ない。それがMリーグなのだ。

しかし、多井の気合はチームメイト、そして監督に伝わったはずだ。

自著「仕事が麻雀で麻雀が仕事」の中で、

 

『勝てば官軍負ければ賊軍は、この世における厳然たる事実』

 

と語る藤田監督。このままズルズルと負けるわけにはいかない。

 

エース多井の連闘策が不発に終わり、いよいよABEMASの貯金がなくなった今、次なる秘策はあるのか。ここからの藤田采配に注目したい。

 

2018 11月24日 ゆうせー

 

ゆうせー

京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ABEMASvsフェニックスvs雷電vsPirates

【関連記事】 「少牌」「裏ドラ」の存在を有名にする男…我こそは滝沢和典【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗 “たろう、園田、村上「三人のおじさん」は知恵と勇気を振り絞るよ Mリーグの荒波に向かって【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司 “ロボ・小林vsセレブ・黒沢”Mリーグの気まぐれが生んだ迷勝負【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO Mリーグ観戦記者が「黒沢咲のセレブ打法」という謎ゲームを実況解説してみた!【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介 もしもウルトラマンが負けたら…たろうとヒサトが「惑星M」を支配する時【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司 子供の手本にしたい超攻撃スタイル“寿人を大画面で楽しもう”【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介 「Mリーグコレクション2018」 ファンが選んだカッコいいユニフォームは?【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲 己の…風林火山の…Mリーグの未来を変える勝又健志の「世界線」【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗 茅森と魚谷“天才”と“最速”の合成は成功するのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio 「部屋とMリーグとゼウスと僕」〜鈴木たろうの純恋歌〜【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司 知名度ゼロから挑む秀才・園田賢のMリーグ黄金伝説【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO 日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介 テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司 ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介 インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲 最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗 決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio 魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー 油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司 負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】 魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】 亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】 それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】 二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】 これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】 変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】 卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】 進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】 俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】 “踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】 Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】 死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】 “ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】 Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】 近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】 高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】 女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】 もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】 俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】 ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】 狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】 二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】 “多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】 白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】 麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】 私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】 まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】 身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】 少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】 見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実 Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】 Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る! 「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記 サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」