勝又健志、覚えているか⁉︎あのころ君は…100%麻雀小僧だった【熱論!Mリーグ】

小林  31400

魚谷  24700

瀬戸熊 21900

小林が東場の満貫をうまく守る形で、オーラスをトップ目で迎える。

また、南場に入り魚谷が満貫、瀬戸熊もハネ満をツモっており、それぞれ2着目3着目。微差で勝又がラス目だが、親満一発でトップである。

とにかくテンパイは最低条件の勝又が、リャンシャンテンからpastedGraphic_17.pngを暗カン。

次巡元ドラのpastedGraphic_15.pngを引いてイーシャンテンとなったところで、新ドラのpastedGraphic_16.pngを離す。

これをトップ目の小林がポンしてテンパイ。満貫だが値段はあまり関係ない、アガることがなにより重要である。

小林にアガリのないまま13巡目、ようやく勝又に待望のテンパイ、もちろん即リーチ。

ここまでほとんど、いやまったくと言ってよいくらい所作に感情を乗せていなかった勝又だが、このリーチには力が入っていた。

それを受けた下家の小林だが…

一発目に当たり牌のpastedGraphic_3.pngを掴まされたところで、考えに沈む。

pastedGraphic_22.pngが場に2枚切れているところに3枚目を切ってのリーチ。

普通に考えればリャンメン待ちには当たらなそうだ。2枚切れているpastedGraphic_22.pngをテンパイまでpastedGraphic_13.pngpastedGraphic_22.pngpastedGraphic_22.pngで持つだろうか? だいたいは先に1枚外す手順になる。

pastedGraphic_3.pngそのものは場に1枚。シャンポン待ちは普通にあるし、雀頭のないイーシャンテンからいわゆる「テンパった形まま」のタンキ待ちもあり得る。勝又にも、もはや待ちを選ぶ余裕はないだろう。

なにより自分もテンパイである。あまり感触のない真ン中シャンポンとはいえ、テンパってればアガれる可能性があるのだ。

小林の選択は

テンパイ維持の打pastedGraphic_3.pngで、親満放銃。

トップ目から痛恨の3ランクダウン、次局にアガれば2着以上確定の3巡目リーチを打つが、そこまで。一人テンパイも3着までわずか100点のラスとなった。

1位・勝又健志 EX風林火山) +54・6

2位・魚谷侑未 (セガサミーフェニックス) +3・7

3位・瀬戸熊直樹TEAM雷電) ▲19・1

4位・小林剛  (U-NEXTパイレーツ) ▲39・2

さて、オーラスに一発カマして、ラスから一気にトップになった勝又選手の表情がこちらになります。

…カワイイじゃあないですか。

思えば彼とガシャガシャ遊んでいたころ、麻雀界は今よりうんと狭かった。

Mリーグなんてえもんができるなんて想像すらできなかった。

そんな小さな世界の中だったけれど、当時すでに最強位というタイトルを取っていたおれは、多少は憧れられる先輩たりえていただろうか。

ただの自意識過剰ですね、こんなん。

当時の彼はひたすらに麻雀小僧であり、タイトルや実績みたいなことより、「麻雀そのもの」にしか興味がなかったんだと思う。どうやれば己が強くなれるか、そのためになにをするのか。

インタビューの笑顔を見たら、なんかそれなりの年になってタイトルもいっぱい取ってヒゲとかたくわえて貫録もつけちゃってるけれど、基本的にゃー20年前の、ただの麻雀好きのガキだったころとあんま変わってねえのかもな、なんて思ったのであります。

 

長村大
第11期麻雀最強位。1999年、当時流れ論が主流であった麻雀界に彗星のごとく現れ麻雀最強位になる。最高位戦所属プロだったが現在はプロややめている。著書に『真・デジタル』がある。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!