勝又健志、覚えているか⁉︎あのころ君は…100%麻雀小僧だった【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

勝又健志、覚えているか⁉︎

あのころ君は…

100%麻雀小僧だった

文・長村大【遊軍ライター】2019年1月8日

 

昔話、である。

旧世代ディープな麻雀ファンの方々であれば、もしかすると筆者の名前を記憶してくれている人もいらっしゃるかもしれない。

23歳にして竹書房主催「第11回麻雀最強戦」で優勝、

ナントカの申し子などと呼ばれて浮かれていたが、その後はあまりパッとしないまま、いつの間にか人知れず麻雀プロ人生にピリオドを打っていた男、長村です、ありがとうございます。とはいっても、もうほとんどの人は忘れているか、そもそも知らない世代なのは筆者も理解しているつもりだ。

じゃあなんでわざわざそんな自己紹介するのか。

自己顕示欲、それも少しはある。でも少しだ(たぶん)。

縁あってこの原稿のお話をいただいた際に考えたことは、「俺に書けることってなんだろう」ということであった。

だから、昔話、なのだ。

正確には思い出せないけれど、もう20年近く前なのは間違いない。

当時、我々はよく遊んでいた。

歌舞伎町のどこぞの雀荘で遊んでは、酒飲む。Mリーガーの中では滝沢選手とはよく遊んだし、他にも当時の若手プロ連中とグズグズしていた。

勝又ともよく戦った。

フリー麻雀、セット麻雀、三人麻雀。

とにかく麻雀であればよかった。

麻雀プロが集まったって麻雀の話ばっかりとは限らないが(特におれは好きじゃなかった)、勝又は違った。100%麻雀の話である。

滝沢とおれと三人、歌舞伎町の隅っこにある小汚ねえ中華料理屋の席に座るなり

「ちょっとタッキー、さっきの打ちはないだろ!」

みたいな会話は日常茶飯事であった。

しかもその後別れて帰宅している途中に、メンツだの場況だのとやたら細かく説明されている長文麻雀メールみたいなのが届いて辟易するまでがデフォルトなのだが、それでもまだ学生だった勝又の、なんのてらいもない、本当に麻雀好きなんですみたいな表情を思い出すと、なんとなく許せてしまうのであった。

二回戦

東家・小林剛  (U-NEXTパイレーツ)

南家・魚谷侑未 (セガサミーフェニックス)

西家・瀬戸熊直樹(TEAM雷電)

北家・勝又健志 (EX風林火山)

の並び。魚谷のみ連闘となった。

東1局 ドラ

勝又、これをヤミテンとする。

普通に考えればどうやったってリーチだが、場況、つまりソーズの悪さを勘案。

親リーチを受けて、結果流局ノーテンとなった。

読みの通りは薄く、ヤミテンとした以上は当たらない牌でオリるのもいたしかたなし。東パツからしっかりとしたところを見せてもらった。

東1局1本場 ドラ

勝又、今度は先制リーチ。

一手変わりの三色もあるが、1枚切れのシャンポンで行った。

これに飛び込んだのが、仕掛けていた魚谷。

イーシャンテンで現物のドラではなくあえてを押したが、

pastedGraphic_8.pngが通ってしまっては次巡のテンパイでpastedGraphic_9.pngが止まるよしもない。

3200点の放銃となったが、しかし魚谷、1回戦に続いてツイてないな…

東3局 ドラpastedGraphic_6.png

6巡目、親の瀬戸熊、魚谷から続けてリーチが入る。

これを受けた勝又。

pastedGraphic_2.pngを押せばチャンタのテンパイ、親の瀬戸熊の現物牌である。

魚谷には通っていないが、個人的にはこれくらいは押していいのではと思った。

勝又の選択は安全牌のpastedGraphic_12.png中抜き。あーそうかーどうなるかな、と見ていたら次巡即pastedGraphic_13.pngツモである。

もちろんそういうリスクも承知の上の判断だから後悔はないにせよ、せめてpastedGraphic_2.png当たっててくれえ! くらいは思っただろうか。表情からは読み取れなかった(ちなみに魚谷にもpastedGraphic_2.pngは通っていた)。

結果はタンヤオドラドラ赤で二人リーチに押し返した小林が、瀬戸熊から大きな満貫ゲット。

南4局2本場 ドラpastedGraphic_15.pngpastedGraphic_16.png

勝又  20000

小林  31400

魚谷  24700

瀬戸熊 21900

小林が東場の満貫をうまく守る形で、オーラスをトップ目で迎える。

また、南場に入り魚谷が満貫、瀬戸熊もハネ満をツモっており、それぞれ2着目3着目。微差で勝又がラス目だが、親満一発でトップである。

とにかくテンパイは最低条件の勝又が、リャンシャンテンからpastedGraphic_17.pngを暗カン。

次巡元ドラのpastedGraphic_15.pngを引いてイーシャンテンとなったところで、新ドラのpastedGraphic_16.pngを離す。

これをトップ目の小林がポンしてテンパイ。満貫だが値段はあまり関係ない、アガることがなにより重要である。

小林にアガリのないまま13巡目、ようやく勝又に待望のテンパイ、もちろん即リーチ。

ここまでほとんど、いやまったくと言ってよいくらい所作に感情を乗せていなかった勝又だが、このリーチには力が入っていた。

それを受けた下家の小林だが…

一発目に当たり牌のpastedGraphic_3.pngを掴まされたところで、考えに沈む。

pastedGraphic_22.pngが場に2枚切れているところに3枚目を切ってのリーチ。

普通に考えればリャンメン待ちには当たらなそうだ。2枚切れているpastedGraphic_22.pngをテンパイまでpastedGraphic_13.pngpastedGraphic_22.pngpastedGraphic_22.pngで持つだろうか? だいたいは先に1枚外す手順になる。

pastedGraphic_3.pngそのものは場に1枚。シャンポン待ちは普通にあるし、雀頭のないイーシャンテンからいわゆる「テンパった形まま」のタンキ待ちもあり得る。勝又にも、もはや待ちを選ぶ余裕はないだろう。

なにより自分もテンパイである。あまり感触のない真ン中シャンポンとはいえ、テンパってればアガれる可能性があるのだ。

小林の選択は

テンパイ維持の打pastedGraphic_3.pngで、親満放銃。

トップ目から痛恨の3ランクダウン、次局にアガれば2着以上確定の3巡目リーチを打つが、そこまで。一人テンパイも3着までわずか100点のラスとなった。

1位・勝又健志 EX風林火山) +54・6

2位・魚谷侑未 (セガサミーフェニックス) +3・7

3位・瀬戸熊直樹TEAM雷電) ▲19・1

4位・小林剛  (U-NEXTパイレーツ) ▲39・2

さて、オーラスに一発カマして、ラスから一気にトップになった勝又選手の表情がこちらになります。

…カワイイじゃあないですか。

思えば彼とガシャガシャ遊んでいたころ、麻雀界は今よりうんと狭かった。

Mリーグなんてえもんができるなんて想像すらできなかった。

そんな小さな世界の中だったけれど、当時すでに最強位というタイトルを取っていたおれは、多少は憧れられる先輩たりえていただろうか。

ただの自意識過剰ですね、こんなん。

当時の彼はひたすらに麻雀小僧であり、タイトルや実績みたいなことより、「麻雀そのもの」にしか興味がなかったんだと思う。どうやれば己が強くなれるか、そのためになにをするのか。

インタビューの笑顔を見たら、なんかそれなりの年になってタイトルもいっぱい取ってヒゲとかたくわえて貫録もつけちゃってるけれど、基本的にゃー20年前の、ただの麻雀好きのガキだったころとあんま変わってねえのかもな、なんて思ったのであります。

 

長村大
第11期麻雀最強位。1999年、当時流れ論が主流であった麻雀界に彗星のごとく現れ麻雀最強位になる。最高位戦所属プロだったが現在はプロややめている。著書に『真・デジタル』がある。